はじめてのお墓ガイド
霊園・墓地のことなら「いいお墓」

霊園・墓地・永代供養墓・樹木葬・納骨堂の種類から価格・費用、建墓のポイント、石材店の選び方のほか、お墓の引越し・改葬、墓じまいなど、お墓のことをはじめての方にもやさしく解説します。

お墓を買った後

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

お墓を買った後

開眼供養・開眼法要とは – 日程と当日の流れ/お墓・仏壇・魂入れ・納骨のマナー

開眼供養(開眼法要)とは、新しくお墓を建てたときや仏壇を購入したときなどに行う、仏様の魂を入れ込む大切な供養です。開眼供養は供養であると同時にお祝いごとでもあり、終わった後は僧侶や参列者を招いて会食を開くのが一般的です。 開眼供養は四十九日や一周忌などの納骨式と一緒に行う場合と、開眼供養のみ行う場合とでお布施の相場や参列者の服装も違ってきます。では、開眼供養はどのように準備し、行えばよいのでしょうか。 ここでは、開眼供養の意味や由来、主催者として準備するべきこと、開眼供養に必要な費用や招かれたときのマナーなどを詳しくご紹介いたします。また、お布施や半返しの表書きの書き方や、祝儀袋・不祝儀袋の選び方など、細かい決まりごとについてもご説明いたしますので準備の際の参考にしてください。
お墓を買った後

妊娠中のお墓参り – 行ってもいい時期はいつ?服装や注意すべきこと

お墓参りとは、ご先祖様や故人を偲ぶ大切なイベントです。しかし体調が変わりやすい妊娠中の方が行く場合、注意しなければいけないことがたくさんあります。そこで妊娠中の方がお墓参りに行く場合避けるべき時期や季節、体調など、一般的に注意するべきポイントについて調べてみました。なお、体調はひとりひとりの状況によっても異なります。医師に相談の上、お墓参りに行きましょう。
お墓を買った後

お墓のための保険 – 補償内容と入り方、保証(アフターサービス)との違い

お墓の保険とは、地震や津波、土砂災害といった自然災害によって起こるお墓の損害を補償してくれるものです。特にこの数年の間に立て続けに起こっている地震によって、お墓の倒壊が問題になったこともあり、日本にお墓を持つ方にはとても重要な保険だと言えます。今回はお墓の保険についてさまざまな角度から具体的に解説していきます。お墓の保険加入についてお悩みの方にもおすすめです。
お墓を買った後

墓石の劣化の年数や原因など

墓石の劣化とは、年数が経つにつれ墓石の艶が無くなったり、風合いが変わってしまったりすることです。経年劣化には独特の魅力もあるため、無理に綺麗にする必要はありません。しかし、日常の汚れが溜まり見た目が損なわれてしまう劣化もあります。これはこまめに掃除することで美しさを保つことができます。この記事では、お墓の耐用年数や劣化の原因、劣化を遅らせる掃除方法などをご紹介します。
お墓を買った後

お墓の耐震・地震対策 – 工法別・耐震加工の長所と短所

もし地震でお墓が倒壊してしまうと、復旧には時間と費用がかかります。あらかじめ耐震加工で備えをしておけば、いざというときの不安も軽減することができます。この記事では、お墓の耐震について解説します。
お墓を買った後

お墓の植木 – 選び方のポイント

お墓は、墓石が所狭しと並び無機質な空間になりがちですが、そこに植物の緑があることによって、癒やしの効果がもたらされます。また供養の気持ちを込めて、故人の好きだった植物が植えられることもあります。このようなメリットがある一方で、こまめな管理が必要などのデメリットもありますので、お墓の植木を考えている場合には、ご家族などとよく相談することが大切です。
お墓を買った後

お墓の修理 – 修理の流れ、内容、費用相場

お墓の修理とは、一見大変そうですが修理を依頼するときの手順をしっかりとおさえておけば簡単に行うことができます。お墓の破損にはどのようなものがあるのか、どのように修理するのか、その修理にかかる費用はいくら位になるのかなど知っておきたい「お墓の修理」についてまとめました。
お墓を買った後

お墓が遠方にある場合 – お墓の管理、お墓参りの悩み解決

お墓が遠方にある場合、お墓参りがつらい、あるいはお墓の管理をするのが大変だと感じることがあるかもしれません。そうした悩みを抱えているのであれば、専門業者にお墓の管理を依頼したり、お墓を移転したりすることで解決できる可能性があります。これらの方法について詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
お墓を買った後

一周忌とは – お布施や香典相場、香典返し、当日の服装など

一周忌とは、故人が亡くなってから一年目の命日に行う法要のことです。 一回忌と間違われがちですが、一回忌は葬儀におけるおつとめのことを指し、亡くなったその年のことなので、一周忌とは異なるものです。 一周忌では、四十九日法要などと同じく、お供えに対する引き出物や香典返し、案内状、僧侶へのお布施など、準備しなくてはいけないものが数多くあります。四十九日と比べると時間的な余裕はありますが、参列者の都合を考えて1カ月以上前に案内を送付するなど、早めの準備が肝心です。 ここでは、一周忌を迎えるにあたって必要な準備や費用、お布施、香典・香典返し・引き出物の相場、また法要に招かれた時の服装やマナーについてご紹介します。
お墓を買った後

お彼岸とは – どうしてお彼岸の時期にお墓参りをするの?

お彼岸とは、春分、または秋分の日を中日(真中の日)とした前後3日、それぞれ7日間のことです。この時期に行われる仏教行事を彼岸会といいます。西方にあるという極楽に近づけるよう、この時期は修行にはげみ、功徳を積む時期とされています。しかし、実際...
お墓を買った後

納骨はいつまでに?お墓の準備や法要の手続きはどうするの?

葬儀を終えた後は、遺骨をお墓に納める納骨式を行います。先祖からのお墓があったり、故人が生前墓を準備していたりする場合は、四十九日法要に合わせて行われることが多いようです。しかし、お墓がない場合や遺族の気持ちの整理がついていない場合など、すぐに納骨をすることが難しいこともあります。また、お墓を建てるまでには霊園を探したり墓石の様式を決めたりするために、ある程度の期間が必要です。 ここでは、納骨にはどんな意味があるのか、納骨には期限があるのか、霊園・墓石の準備は急いだほうがよいのかについて説明します。お墓ができるまでにかかる期間や、お寺や石材店への依頼をはじめ、納骨式の手続きはどのように進めるのかなども紹介します。
お墓を買った後

お墓の管理費 – 支払い方法と費用相場/滞納したらどうなる?

お墓を購入するまでは色々と考えていても、購入後に忘れてしまいがちなのがお墓の管理費の支払いです。ほとんどの霊園や墓地では毎年支払わないといけない管理料ですが、金額もそんなに大きくなく、特に手動で支払っている場合は忘れてしまうかもしれません。しかし、この管理費が未払いで滞納のまま何年か経過すると、お墓の保守・管理がされなくなり、使用権を失ってしまう可能性もあります。お墓は決して安いものではないので、管理料の未払いで使用権を失ってしまうのは避けたいところです。そこで、ここではお墓の管理費とその用途、支払いの際に気をつけるべき点などについて解説します。
お墓を買った後

お墓への納骨の時期はいつがいいの?日程と手配のポイント

納骨とは、火葬した後のご遺骨をお墓などに納めることですが、ご遺骨をどのタイミングでお墓に納めればよいのかご存じですか?法律として納骨しなければいけないとは決められていませんが、遺骨をお墓に納めるのは、故人が亡くなってから四十九日を過ぎてからが一般的であると言われています。しかし、納骨は骨を納めるお墓を用意しておく必要があるだけに、納骨の時期を定めるのは難しく、個人の状況や心境によって最適な時期は変わってきます。特にお墓がまだない方は、これからお墓の場所を探す必要があるので時間がかかりますし、遠方にお墓がある方は手続きや手配のために休暇をとる必要があるかもしれません。また、納骨の時期を定めたら納骨式の準備もしなければなりません。このように納骨するまでにいくつもの手続きが必要になります。ここでは納骨の時期の定め方と、最初の法要でもある納骨式についてご紹介したいと思います。