納骨堂の費用 – 種類・形式と価格相場をご紹介

納骨堂とは、骨壷に入った遺骨をそのまま納めておく建物のことです。納骨堂は、公営霊園やお寺、寺院の中に設置されていることが多いです。最近では、駅から近い場所に納骨堂が設けられることも多くなってきました。また、納骨堂は一般的なお墓と違って、墓石が不要です。そのためコストを抑えることができます。

 

近年では、お墓を相続する家族のいない方が、納骨堂のあるお寺や寺院に永代供養を頼むことも多くなっています。今回は、そんな納骨堂の永代使用料や管理料といった費用の支払い相場をご紹介します。納骨堂の利用について気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

納骨堂の費用相場などをご紹介する前に、まずは費用の内訳を把握しておきましょう。

納骨堂の永代使用料

永代使用料とは、納骨堂の利用に必要な代金です。
通常は契約したときに一括して支払います。
永代といっても未来永劫その納骨堂を使えるわけではなく、一定の期間が過ぎたら他の人の遺骨とまとめて合祀されるタイプが多いです。
契約の際には、どの時点で合祀されるのかを必ず確認してください。

納骨堂の管理料

納骨堂を業者に管理してもらうための費用です。
永代使用料と違って毎年支払いが発生しますが、基本的にあまり大きな金額ではありません。
契約後に管理料を支払えなくなった場合、納骨堂を利用できなくなる可能性があります。

納骨堂の種類・形式と納骨堂費用

納骨堂にはいろいろな種類があります。1つずつ確認していきましょう。

室内型墓地タイプ

室内型墓所または墓石式などとも呼ばれます。
これは、室内でありながら墓石があるタイプをさします。
通常のお墓のようにお線香やお花をお供えすることができ、水をかけて墓石をきれいにすることもできる場合があります。
場所が室内なだけで一般的なお墓と大体同じ雰囲気なので、あまり違和感なくお参りすることができます
天気にかかわらずお参りできるという利点がありますが、納骨堂の中ではかなり値段が高い傾向にあるのがネックです。

仏壇タイプ

霊廟タイプなどと呼ばれることもあります。
納骨堂の中に仏壇が並んでおり、故人の遺骨が仏壇の下部に安置されているスタイルです。
仏壇の上部には位牌が置かれており、お線香やお花をお供えして拝むことができます。
利用者は仏壇を占有できるので、遺影などを置いてもかまいません。
費用は室内型墓地タイプの次に高いです。

ロッカータイプ

ロッカーのような棚に遺骨が安置されている形式です。
お参りの際に遺骨を取り出してお参りするタイプのものと、遺骨の安置スペースの近くにお参りする場所があるタイプのものがあります。
ほかにも業者ごとに違った方法でお参りできるので、気に入ったタイプを選んでください。
また、ロッカーの位置(高さ)によって価格が異なる場合もあります。この場合、上の方や下の方など、お参りがしにくい場所はやや、価格設定を低くしているのが一般的です。
あまりコストがかからないのがロッカータイプのメリットですが、お供えなどはできないケースがあります。

自動搬送タイプ

パネルに会員カードを読み込ませたり会員番号を入力したりすると、別の場所に安置されている遺骨が、自動的に祭壇まで運ばれてくる納骨堂です。
お供え物があらかじめ祭壇に用意されている場合、何も持たずにお参りすることも可能です。
業者によりますが、仏壇タイプとロッカータイプの間くらいの費用であることが多いです。

納骨堂費用の追加料金とは

納骨堂の費用は基本的に永代使用料と管理料ですが、オプションサービスにかかる費用もあります。
オプションの内容は契約する納骨堂ごとに違うので、ここでは比較的よく見られるサービスについてご紹介します。

戒名のお布施

納骨堂はどの宗教の人でも利用できるケースが多いですが、仏教の方式で供養を行っても
らう場合は戒名が必要です。戒名は故人に対して僧侶が付けます。
戒名の相場は宗派や戒名の内容によって大きく違うので一概には言えません。自分の宗派のお寺や僧侶に問い合わせるのが確実です。
なお、浄土真宗では戒名のことを法名といいます。
仏教以外の宗教であれば、基本的に戒名は必要ありません。

銘板彫刻料

銘板と言われるネームプレートに戒名または故人の名前や享年、命日などを彫刻してもらえるサービスです。
別の料金に含まれていることもあります。

法要料

納骨堂はお盆などに合同法要を行ってくれますが、故人の命日など任意の日に法要をしてもらいたい場合、納骨堂に相談すれば読経してくれる僧侶の手配をしてくれることがあります。
室内である関係上、他の人の迷惑にならない程度の声量で読経をするので、通常の法要の声量に慣れた人だと少し物足りないかもしれません。
僧侶にはお布施を支払う必要がありますが、地域や宗教、宗派によって金額が異なります。
気になる場合は納骨堂の管理者か、その宗派のお寺などに確認してみるといいでしょう。

納骨堂の平均費用・料金相場

納骨堂の平均費用は98万4,706円(「第9回 お墓の消費者全国実態調査」より)です。
基本的に墓石が不要なので、墓石のあるお墓に比べるとかなり費用を抑えることができます。
室内墓地タイプ、仏壇タイプ、ロッカータイプ、自動搬送タイプそれぞれでかなり値段が変わるので、納骨堂を契約する際は故人・家族・自分の希望を照らし合わせて決めてください。
また、納骨堂は1人分の遺骨しか納められないところから、家族数人分程度の遺骨を納められるところもあります。
何人で利用するかで値段が変わるおそれがあるので、この点も含めて熟慮してください。

納骨堂の費用・料金に関するまとめ

納骨堂の費用は納骨堂の種類によって大きく異なります。
仏壇タイプやロッカータイプのものは比較的リーズナブルな傾向があるので、コストを重視するのであれば検討してみるのもいいでしょう。
また、承継者がいないという場合は、将来的にどのような供養をしてくれるのか確認して決めることをおすすめします。

5/5 (10)