はじめてのお墓ガイド
霊園・墓地のことなら「いいお墓」

霊園・墓地・永代供養墓・樹木葬・納骨堂の種類から価格・費用、建墓のポイント、石材店の選び方のほか、お墓の引越し・改葬、墓じまいなど、お墓のことをはじめての方にもやさしく解説します。

お墓の価格相場一覧 – 墓石、永代使用料、諸費用、墓地タイプ別にかかる費用目安

お墓の費用は?

この記事では、実際にお墓を購入したお客様のアンケートをもとに、地域別の墓石・永代使用料の平均価格、区画の平均面積をご紹介します。
お墓の彫刻代、改葬費用、開眼法要のお布施などの諸費用の相場、納骨堂や樹木葬など新しいタイプのお墓の相場についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

購入したお墓の平均価格(永代使用料+墓石価格)

購入したお墓の平均価格(永代使用料+墓石価格)

主要都道府県別

「平均永代使用料+墓石価格」

購入したお墓の平均墓石価格

購入したお墓の平均墓石価格

主要都道府県別「墓石価格」

購入したお墓の平均永代使用料

購入したお墓の平均永代使用料

主要都道府県別「永代使用料」

購入したお墓の平均区画面積

購入したお墓の平均区画面積

主要都道府県別「区画面積」

墓石を建てるとき、墓石を移動するときなどに必要な費用

彫刻代    3万円~5万円

一般的な1名あたりの追加彫刻は、3万円~5万円程の費用が必要となります。新規に墓石を建立する場合は、基礎彫刻(家名、題字や題目、建立者名、建立日など)が含まれている場合がほとんどですが、戒名(法名)彫刻に別途費用が掛かる場合があります。

磨き直し   20万円前後

磨き直しは墓石の状態(大きさ、石種、汚れ具合)によって費用が異なりますが、一般的に20万円前後だと言われています。また、現場でクリーニングを行う場合は、竿石のみで4万円~5万円、全体の場合は7万円~8万円ぐらいとなります。

改葬費用   230万円~330万円

改葬(お墓のお引越し)をする場合、移転元(撤去、処分、整地、御布施など)で30万円前後+移転先(墓地・墓石取得、御布施、その他)で200万円~300万円ぐらい掛かるといわれています。墓石そのものを移転したい場合は、区画の大きさや墓石の状態、移動距離などの条件によりまちまちです。ただし、移転先のお寺や霊園が認めていない場合は、移設することはできません。

墓石処分費用 10万円~12万円/m2

墓石を処分した後、墓所は更地にして返還する必要があります。10万円~12万円/m2となる場合が多いです。

離檀料    20万円~50万円

移転元がお寺の墓地の場合、離檀料が発生することがあります。離檀料の有無自体、お寺によってまちまちで定まった基準はありませんが、相場は20万円~50万円とも言われています。ただし、以前に支払っている永代使用料は戻りません。

法要・納骨・埋葬関連の費用

開眼法要(お魂入れ)  3万円~5万円

3万円~5万円が一般的だといわれています。

閉眼法要(お魂抜き)  3万円~5万円

3万円~5万円が一般的だといわれています。

年忌法要   3万円~5万円

3万円~5万円位が相場のようです。

戒名(法名)料   40万円

数年前のデータでは、戒名料の全国平均は約40万円程でしたが、年々安くなってきている傾向にあります。一般的には、「信士(しんじ・しんし)」「信女(しんにょ)」で5万円~20万円程度、「居士(こじ)」「大姉(だいし)」で15万円~30万円程度、院号になると50万円以上といわれています。

埋蔵(埋葬)証明書発行手数料  400円~1,500円/1通

遺骨一体につき1通必要になってきます。

埋葬費用   1万円~3万円

墓地や霊園によって相違はありますが、1度の立会いで1万円~3万円位が相場になっています。

お布施   3万円~10万円

志ですので定められた金額はありませんが、一般的に3万円~10万円ぐらいといわれています。

御車代   1万円~3万円

志ですので定められた金額はありません。

御膳料   1万円前後

志ですので定められた金額はありません。

新しいタイプの埋葬方法と墓地価格・費用相場

納骨堂 自動搬送式  約70万円~

ロッカー式・仏壇式  約30万円~

納骨堂(自動搬送式・ロッカー式・仏壇式)は、屋内施設のため天候を気にせず墓参りができ、掃除の手間もかからないのが特長です。使用期限が決まっている場合が多く、期限後は合祀されることになります。

合葬墓・合祀墓    約10万円~

納骨堂型の合葬墓      約30万円~

合葬墓・合祀墓は、墓地の運営者が管理しているものです。納骨後の改葬は、ほとんどの場合できません。

樹木葬   約20万円~

「樹木葬」に明確な定義はなく、大きなシンボルツリーの下に眠るタイプ、個々の区画に植栽ができるタイプなど、その形態はさまざまです。そのため、費用も霊園によって大きく異なります。

 

出典:「いいお墓」から相談・資料請求を利用して実際にお墓を購入したお客様へのアンケート調査(調査日:2015年1月27日)

5/5 (12)