はじめてのお墓ガイド
霊園・墓地のことなら「いいお墓」

霊園・墓地・永代供養墓・樹木葬・納骨堂の種類から価格・費用、建墓のポイント、石材店の選び方のほか、お墓の引越し・改葬、墓じまいなど、お墓のことをはじめての方にもやさしく解説します。

四十九日の準備 – 日程と当日の流れ/参列者、服装、位牌など

葬儀が終わるとほっとする間もなく、すぐに四十九日法要の準備をしなくてはなりません。四十九日法要は葬儀同様に重要な仏事ですので、事前にしっかり準備して臨む必要があります。

 

四十九日の数え方は亡くなった日を一日目とし、四十九日目より前に法要の日程を設定するため、実はあまり準備期間がありません。

また、四十九日法要にはどのような準備が必要なのか、知らないという方も多いのではないでしょうか。位牌や仏壇の用意、僧侶に渡すお布施、招く人への案内状、香典返し、お供えに対する引き出物など用意するものも多いため、早めの準備が肝要です。

 

ここでは、四十九日を迎えるに当たり、施主が慌てないように、法事当日の流れに沿って知っておきたい事柄をご説明いたします。

四十九日の準備の前に、なぜ四十九日法要を行う必要があるのかを解説します。

仏教では死後、四十九日までの間を中陰と呼び、魂が現世とあの世をさまよっている状態だとされています。そして、亡くなってから七日ごとに裁きがあり、その裁きにより生まれ変わる先が決定すると言われています。

 

生まれ変わる先は六つあり、天道、人間道、修羅道、餓鬼道、畜生道、地獄道と呼ばれ、これらを総称して六道と呼ばれています。生前の行いが悪いものはこの裁きで、三悪道と呼ばれる餓鬼道、畜生道、地獄道のいずれかに落とされてしまうのです。

六道には、いずれも煩悩の苦しみがあります。それを超えた世界が極楽浄土であり、故人が極楽浄土へと行けるように、7日ごとに供養を行い、仏様に罪の緩和を求めます。そして、裁きの中でも四十九日は生まれ変わる先が決定する重要な日であるため、大きな法要を行うのです。

四十九日法要の準備

四十九日法要の準備は日程決めから行います。

亡くなった日を一日目と考えて、四十九日を計算するのが一般的です。日程は計算して出てきた日付、または、それよりも前の土日や祝日にします。日程を後ろ倒しにしてしまうと、あの世での裁きに間に合わなくなってしまうと考えられているからです。なお、地域によっては起算日が命日と異なることもあるため、詳しくは菩提寺、または葬儀社に確認するとよいでしょう。

日程が決まったら、早めに会場の確保や法事の後のお食事、お坊さんへ法要のお願いをします。他の方も土日を目処に日程を立てる方が多いため、遅くなると準備が思うようにいかない場合もあります。

 

これらの手配が終わったら、電話やハガキなどを利用して親族への連絡を行います。ハガキの場合は、往復ハガキや返信用のハガキを同封するのがポイントです。

次に参列者の人数に合わせて引き出物の用意をします。予算は大体2,000円から5,000円くらいが相場です。あまりかさばらないものを用意します。

四十九日法要では仮の位牌から本位牌に魂を移しますので、そのための本位牌や仏壇の用意もしておく必要があります

さらに当日お坊さんへお渡しするお礼を用意しておきます。お布施の額は、お坊さんがお斎に参加するかしないかで変わります。参加される場合はお布施とお車代を用意して包んでおき、参加されない場合はそれに御膳料を上乗せします。

四十九日法要までにお墓を建てないといけないの?

四十九日法要までにお墓を建てなくてはいけないという決まりはありません。しかし事前にお墓を用意している場合には、四十九日法要を目処に納骨をする方も多いです。急なことで四十九日法要までにお墓が用意できないという方もいると思いますが、そのような時は一周忌や初盆などを目処に用意をするとよいでしょう。

四十九日の法事の流れ

四十九日には、法要だけでなく僧侶や親せきを招いて会食を行うことが一般的です。法要と食事を合わせて法事と呼びます。

四十九日の法事の当日は、席に着いてお坊さんを待ちます。席に座る位置は遺族との血縁が深い順から前に座り、施主はお坊さんの後ろに座ります。

お坊さんが来られたら、施主が法事の挨拶を行います。この時慌てないようにあらかじめ挨拶を考えておきます。

挨拶が終わると読経と焼香がはじまります。焼香は施主から行っていきます。

すべてが終わるとお坊さんからの法話があり、納骨式がある場合はお墓に移動をします。

納骨式の時もお墓の前で、読経と焼香を行います。これらが終わるとお斎の場に移動します。

 

お斎の場では、はじめに施主が挨拶を行い、その後献杯の挨拶をして食事になります。この食事の後に施主が終了の挨拶をして法事は終了になります。

納骨式やお斎などがない場合は、お坊さんが帰られる際にお礼を渡さなくてはいけませんので注意が必要です。

四十九日に招く人

四十九日に招く人は、故人と血縁関係のある人とその配偶者が基本です。

例えば、ご自身の母親が亡くなった場合は、父親、母方の親戚、そしてその子どもと配偶者、その孫などが参列者になります。これが最小限になりますが、ご家庭によっては母方の親戚の配偶者などを呼んだりすることもあります。また、故人と親しかった人も招くこともあります。

四十九日の法事に招かれたら

四十九日の法事の案内状が届いた場合は、なるべく早く出欠の可否の連絡をします。もし出席ができない場合は、お詫びの返事とお香典、もしくはお供え物を送って欠席の旨を伝えます。施主は人数によって引き出物などの準備があるので、いずれの場合でも配慮が必要になります。

 

参列する際の服装は喪服が基本です。男性は、スーツ、ネクタイ、靴下、靴を黒で統一し、ワイシャツは白いものを着用します。女性の場合も、バッグを含め黒で統一をします。

アクセサリーで目立つものは控えます。身に着けるのが許されているのは結婚指輪や真珠、オニキスなどです。

まとめ

葬儀が終わってから四十九日まではとても早いものです。日にちが近づいて慌てないように、早めに準備を済ませることをおすすめします。

法要に合わせて納骨を考えている人は、お墓の手配などもしなくてはいけません。もしそのような時にお墓のことでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。

わからないことやお困りになっていることなどに、丁寧にお答えします。

5/5 (5)

お墓の基礎知識
この記事を書いた人
いいお墓(株式会社鎌倉新書)

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

いいお墓(株式会社鎌倉新書)をフォローする
霊園の「現地見学」へ行こうキャンペーン実施中!
「いいお墓」で霊園・墓地の見学予約<無料>をしてから現地見学後アンケート回答で【JCBギフト券3,000円分】をプレゼントいたします。
はじめてのお墓ガイド | 霊園・墓地のことなら「いいお墓」