法要と法事の違い/忌日法要、年忌法要とは

法要や法事とは、人の死に関わる儀式の一つです。身内が亡くなり、葬儀や法要を経験したことがある方や、親戚の法事に参列したことがある方もいらっしゃると思います。

しかし、法要や法事に関わることは多くないため、法要と法事について詳しく説明できる方は少ないかもしれません。そこで、法要と法事の意味合いや違い、種類などについてご紹介します。

法要とは、仏教において遺族が故人の冥福を祈るために行う供養のことで、神道では「霊祭」、キリスト教では「追悼ミサ」や「記念祭」に該当します。

仏教では、故人の魂は49日の間成仏せずにさまよっていると考えらえています。そこで、遺された家族や親族、友人知人が集まり、お経を読んだり、飲食や行動をつつしんで身を清めたりして善事を行います。

そしてこの善事を供物として、故人が無事に極楽浄土にたどり着けるようにと祈るのです。

臨終すると同時に極楽往生すると考える宗派の場合は、法要は故人をしのび、仏の教えに接するために行います。

法要と法事の違い

法事は、もともと仏になるための修行や仏の教えを世に広く知らしめる行いのことで、仏法を説くための集まりである法会(ほうえ)や僧侶を招いて食事を施す斎会(さいえ)など、仏教に関わるすべての行事を指していました。法事が現在の死者の魂を追善供養するための仏事という意味に変化したのは江戸時代といわれています。

法事は、法要の後に行われる会食なども含めた仏事の全過程を指すのに対して、法要は故人の冥福を祈るためにお寺から僧侶をよび経を読んでもらうなど供養の儀式のみを指します。しかし、現代では法事と法要はほとんど同じ意味で使用されることが多くなってきています。

法要の種類

故人を供養するという意味合いの儀式である法要ですが、仏教以外にも神道やキリスト教などでも同様の儀式が存在しています。

仏教では人が亡くなってから一定の周期で法要が行われ、それぞれの法要は異なる意味合いを持ちます。

仏教の法要には、亡くなった日から日数を数えて行う忌日法要(きびほうよう)と、年単位で行う年忌法要(ねんきほうよう)があります。

忌日法要

亡くなった命日から7日ごとに行われる忌日法要には、次のような種類があります。

忌日法要の種類

初七日(しょなのか):7日目

葬儀の後、重ねて遠方の親族や友人知人に集まってもらうのは負担が大きいため、葬儀の日に同時に行うことが多い法要です。

二七日(ふたなのか):14日目

二七日の法要から四十九日の前までの法要は、身内だけで行うのが一般的です。

三七日(みなのか):21日目

四七日(よなのか):28日目

五七日(いつなのか):35日目

六七日(むなのか):42日目

七七日(なななのか):49日目

四十九日(しじゅうくにち)と同じ意味合いです。

百か日(ひゃっかにち):100日目

四十九日と一緒に行われたり、省略されることがあります。

新盆(にいぼん):7月15日または8月15日ごろ

四十九日の法要が終わってから初めて迎えるお盆は、通常のお盆の法要よりも丁寧に行います。一般的に親族や友人知人を招いて盛大に行われることが多いです。

初七日と四十九日について

仏教では、人が亡くなると7日おきに閻魔大王などから裁きを受け、49日目に来世の行き先が決まると考えられています。故人の魂が49日間成仏せずにさまよっているとされているのはそのためです。

したがって、遺族は故人が極楽浄土に行けるように命日から7日ごとにやってくる裁きの日に法要を行います。

初七日

亡くなった方の魂は、7日目に、この世とあの世の境にある三途の川のほとりに行き着くとされています。このときの裁きによって、緩やかな流れの川を渡るか急流を渡るかが決まるので、より苦労のない道のりになるように法要を行います。

四十九日

来世の行き先が決まる大切な日なので、遺族や親族・友人知人が集まって極楽浄土に行けるように法要を行います。四十九日の裁きが終わると故人の魂はこの世に別れを告げ、浄土へと旅立つため、遺族は忌明け(きあけ)として通常の生活に戻ります。

年忌法要

決められた年の命日に行う年忌法要には次のようなものがあります。

一周忌:満1年目

三回忌:満2年目

七回忌:満6年目

これ以降、十三回忌、十七回忌、と三と七のつく年に法要が行われますが、次第に規模は縮小し、身内だけで行うのが一般的です。他の身内の故人と年忌法要が重なった場合は、同時に行ってもよいとされています。

年忌法要は三十三回忌、宗派や団体によっては五十回忌で終わりを迎えまるのが一般的です。この場合、故人は先祖としてまとめられ、その後はほかの先祖と一緒に供養が行われます。

まとめ

法要とは、故人の冥福を祈る儀式ですが、遺族にとっては大切な人との死別から立ち直るための行事ともいえます。また、親族や友人知人が一堂に会することで、個人を通して絆を確認する機会になるかもしれません。

故人と納得のいく別れのためにも、法要・法事などの知識を身につけておきたいものです。故人を悼む法要・法事などについて疑問やお悩みがある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

4.93/5 (14)