はじめてのお墓ガイド
霊園・墓地のことなら「いいお墓」

霊園・墓地・永代供養墓・樹木葬・納骨堂の種類から価格・費用、建墓のポイント、石材店の選び方のほか、お墓の引越し・改葬、墓じまいなど、お墓のことをはじめての方にもやさしく解説します。

合葬・合祀とは – 合葬墓の種類、費用、メリット・デメリット

合葬は「がっそう」と読み、合葬(合祀)とは遺骨を骨壺から取り出し、他の人たちの遺骨と合わせて一緒に埋葬することをいいます。
そしてそこに建てられた共有の石塔のことを合葬墓と呼びます。いろいろな理由でお墓を建てることができない人や、お墓を閉じる墓じまいをする人なども利用します。

 

合葬墓や合祀墓は寺院が運営するほかに民営や公営もあり、その管理もさまざまです。合葬はお墓の管理を霊園側にお願いできるほか、個人でお墓を建てるより費用が安く済むなどメリットが多く、近年注目されています。
今回は合葬の種類や費用、メリットやデメリット、また、永代供養との違いなどについて詳しくご紹介いたします。お墓探しの参考にしてください。

合葬とは

合葬では、見知らぬ多くの方たちのお骨と一緒に埋葬されることになります。
ほとんどの場合は骨壺からお骨を出して、別の方たちのお骨と一緒にして埋葬し、徐々に土に還します。お墓を守ってくれる親族がいない場合や、今後お墓を守る子孫がいなくなる予定でお墓を閉める墓じまいの場合などにも利用する人がいます。

永代供養と合葬

永代供養とは、寺院などその永代供養墓を運営する主体が、遺族に代わって遺骨の管理や供養をしてくれることをいいます。いうなれば、永代供養というお墓があるわけではなく、永代供養というサービスがお墓についているというわけです。

一般的には永代供養というと、納骨堂や永代供養墓などで17回忌、33回忌くらいまでと時期を区切って個別で遺骨を管理し、その後は骨壺からお骨だけを出してほかの方たちのお骨と一緒にして埋葬し、供養します。
遺骨を個別に保管する期間や保管の方法は寺院や、契約によっても異なります。が、いずれの場合も最終的には合葬墓に遺骨を移し、合葬するというのが一般的です。また最初に納骨する時から合葬、合祀をすることもあります。内容については、それぞれの寺院に確認してからお願いするとよいでしょう。
なお、永代というのは、正確にはその合葬墓を管理運営するお寺なり自治体なりが存続している限りというものです。

合葬は最初から合葬墓合祀墓へ埋葬

永代供養では、ある一定の期間は他の方の骨と分けて埋葬されますが、合葬墓や合祀墓は他の方とわけることなく一緒に埋葬されます。

合葬墓の種類

墓地管理者の違い

寺院が運営しているものと、民営・公営があります。
寺院が経営しているお墓は、寺院の敷地内か近隣にあります。
公営は都道府県や市町村、自治体により運営されており、民営は宗教法人や公益法人などが民間の企業に委託して運営されています。
寺院や霊園によっては合葬墓を合祀墓と呼んだり、合同墓や永代供養墓、合祀墓型納骨堂、合祀墓型共同墓などという場合もあります。

埋蔵方法の違い

合葬では、納骨をするときに骨壺から出したお骨だけを、別の方たちのお骨と一緒にして土へ還します。場合によっては、土に還るよう木綿の袋などに入れて合葬するということもあります。

合葬のメリット、デメリット

合葬のメリットとしては、お墓を守ってくれる予定の子孫がいない場合や、個別にお墓を建てる費用より安く済むことです。
デメリットは、他人のお骨と混ざり合ってしまうため、お骨を返してもらうことができない点です。

合葬の費用

費用相場

お寺や経営母体によって金額は少し違ってきます。安いところだと十万円程度からあるようですが、永代供養をお寺にお願いする場合などは別料金がかかってきます。

費用に差がでる理由

お寺によっては百万円程度のところや、中には年会費を支払う必要があるところもあります。
毎日住職が読経してくれる場合や、お盆やお彼岸の供養だけのところ、墓石の大きさや作りなどそのお寺や霊園により費用に差があります。

合葬の注意点

お墓としての石塔が他の方と共有であること、原則お骨を返してもらうことができなくなることなどをしっかり考慮してから選択する必要があります。
また、合葬に対して抵抗感や喪失感をもたれる方もいるため、ご親族の方と話し合いをしておくことも重要です。

まとめ

近年では、お墓を管理し守っていける子孫が少なくなってきている影響や、新しく個人のお墓を建てるより安い費用で入れるという利点もあり、合葬墓を選択するケースも増えてきています。合葬にするかどうかを決める際は、ご親族や周囲の方とよく話し合うことをおすすめします。

お墓に関するご相談や費用の見積りをご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

5/5 (4)