はじめてのお墓ガイド
霊園・墓地のことなら「いいお墓」

霊園・墓地・永代供養墓・樹木葬・納骨堂の種類から価格・費用、建墓のポイント、石材店の選び方のほか、お墓の引越し・改葬、墓じまいなど、お墓のことをはじめての方にもやさしく解説します。

増加する「無縁墓」- 撤去費用などで社会問題化/回避する方法は?

無縁墓とは、管理・承継する人がいなくなったお墓を意味します。
たとえ縁故者がいたとしても管理費の滞納や支払いの拒否などによって無縁墓となるケースもあります。家族や供養のあり方の変化から無縁墓の数は年々増加し、撤去費用などが大きな社会問題となっています。

 

近年では、将来無縁墓になってしまう事態を避けるため、または子孫の負担を軽減するために、お墓の整理を行う家族も増えてきました。いわゆる「墓じまい」や永代供養墓への改葬など、先祖供養の方法も多様化してきています。

 

ここでは無縁墓の扱いに加えて、無縁化を避けるための選択肢と費用などについて解説していきます。

無縁墓とは

無縁墓とは、お墓を承継する人がいなくなったり、その管理料が一定期間以上支払われなかったりしたお墓のことを言います。全国的にも無縁墓は増加しており、社会問題としても広く知られるほどになっています。

無縁墓増加の理由

無縁墓が増えている背景にはさまざまなものがありますが、まずは社会情勢の変化があります。以前は子どもの数が多く、跡取りとなる長男がお墓を管理するのが慣例でした。ところが今日では、少子高齢化により子どもが減り、お墓を引き継ぐ人がいないご家庭が増えています。また、お墓の承継者本人が高齢になり、管理ができなくなることもあります。若い世代でも雇用の不安定化や共働き家族の増加などにより、お墓にまで手が回らない状況も生まれています。

さらに、時代の変化に伴いお墓や家というものに対する考え方も変化してきているので、若い世代を中心に「お墓を守る」という意識が薄くなっていることも一因です。

無縁墓とみなされる条件

法律での定め

無縁墓としてみなされる条件は、前提として、お墓の使用者や祭祀承継者がいない(または不明)ことがあげられます。

法律化された背景

お墓には管理が必要であり、埋葬されている故人の縁故者は、毎年管理費を墓地に納めますが、縁故者がいなくなった場合、墓地は管理費を回収できなくなります。そのうえ、別の埋葬者を受け入れることもできないため、墓地管理者に大きな負担がかかります。

そこで、こうした縁故者がいなくなったお墓は、法的な手続きを経て無縁墓として処理することになるのです。

施設による経過期間条件の違い

施設によりますが、数年間(5年程度)、管理費を滞納した場合などに撤去を行うことが多いようです。

無縁墓の処理

墓地整理告示

行政法上は、次の手続きを行います。

まず、官報に記載し、該当する墓所に立て札を一年間立てて公示します。この間に申し出がなかった場合は無縁墓とみなされます。無縁墓であるとみなされた場合、管理者が該当する墓所を処分することができるようになります。

墓石撤去

墓石の撤去後、墓地は再び新規の埋葬者の受け入れが可能となります。撤去した墓石は道路を作る材料などに利用されることもあります。費用は墓地の管理者や自治体の負担となってしまうことがほとんどです。言葉を換えれば、税金というかたちで地域の住民の負担になるとも言えます。

合葬

無縁墓となったお墓は改葬されることになります。

一般的に、撤去の後は、遺骨を取り出して供養塔に納めて他の無縁墓の遺骨とともに合葬されます。

無縁墓にしないための方法

このように、長期間使用していないお墓は無縁墓と判断されて撤去されてしまう恐れがあります。撤去の際には墓地の管理者や自治体に負担がかかります。

無縁墓にしないためにも、お墓を作るときや承継者を決めるときにはご家族の方とじっくり話し合い、それぞれの希望が反映されたプランを練ることが大切です。

また、永代供養への改葬や、墓じまいなども増えています。お墓に対する考え方が変化するにつれて、それ以外にもお墓自体を必要としない供養の方法も増加しています。

永代供養への改葬・引っ越し・墓じまい

永代供養は、寺院や霊園に一定期間の遺骨の安置をお願いする供養の方法です。事前に、期間が決められているうえ、撤去などにかかる費用も事前に支払っておきます。無縁墓になってしまうことで引き起こされる諸問題を事前に解決するために考えられた方法です。永代供養は無縁墓と同じように、お墓の管理を行う承継者がいませんが、承継者の代わりに寺院や霊園が管理を行ってくれます。

永代供養を選択することで、無縁墓のようにお墓が荒れ果ててしまうことはありませんし、管理者や自治体に撤去や手続き上の負担をかけることがありません。終活がブームとなっている近年では永代供養を選択する人も増えています。

すでにお墓が用意されている場合でも、将来に向けて管理する人がいなくなる可能性があるのなら、一旦墓じまいし、永代供養への改葬を検討するのも一つの選択かもしれません。

お墓を必要としない供養方法

お墓自体を必要としない供養の方法には以下のようなものがあります。

例えば、墓石の代わりに樹を墓標にする樹木葬は、自然志向のイメージや手頃な価格から近年人気を集めています。

また、お墓のシンボルとなるものを用意しない散骨のスタイルもあります。安価であるだけでなく、故人の思い入れがあった土地に遺骨を撒くことができるので選択される場合があります。ただし、どこでも希望するところに撒けるわけではないので、その土地の所有者への許可や周りへの配慮も必要です。ご自身が散骨を望まれている場合は、事前に親族の理解を得ておくとスムーズです。

遺骨を手元で供養する手元供養も一般的になっており、中には個人の遺骨からダイヤモンドを生成する「ダイヤモンド葬」などがあります。

このように供養方法は多様化しており、さまざまな選択肢があります。ご自身の希望があるときは、事前にご家族に伝えておくと良いでしょう。

まとめ

最近では、無縁墓も人ごとではなくなりました。無縁墓になってしまうと、墓地の管理者や自治体に大きな負担をかけてしまうだけでなく、お墓も荒れ果て、いずれは撤去されてしまいます。

ご自身が気持ちよく旅立つための終活の一環として、また、大切な故人を無理なく供養し続けるための選択肢として、永代供養や手元供養、樹木葬などもあります。

お墓の購入をご検討中の方、またはご相談されたいという方は、メール・電話にてお気軽にお問い合わせください。

5/5 (6)

お墓の基礎知識
この記事を書いた人
いいお墓(株式会社鎌倉新書)

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

いいお墓(株式会社鎌倉新書)をフォローする
霊園の「現地見学」へ行こうキャンペーン実施中!
「いいお墓」で霊園・墓地の見学予約<無料>をしてから現地見学後アンケート回答で【JCBギフト券3,000円分】をプレゼントいたします。
はじめてのお墓ガイド | 霊園・墓地のことなら「いいお墓」