はじめてのお墓ガイド
霊園・墓地のことなら「いいお墓」

霊園・墓地・永代供養墓・樹木葬・納骨堂の種類から価格・費用、建墓のポイント、石材店の選び方のほか、お墓の引越し・改葬、墓じまいなど、お墓のことをはじめての方にもやさしく解説します。

公営霊園の申し込み方法と募集スケジュール

代表的なお墓の種類としては、寺院墓地、民営霊園、そして公営霊園があります。お墓を立てるときには、まずどのお墓で故人を供養したいかを決めることが大切です。
公営霊園は様々なメリットがあり、とても魅力的です。しかし、住んでいる地域の条件を満たさなければ使用できなかったり、応募者多数の場合は抽選となってしまったりすることがあります。そのため、情報収集は不可欠です。

 

ここでは公営霊園の特徴や申し込み方法、さらに公営霊園のひとつである都立霊園についてまとめました。公営霊園は、特にお墓を立てる費用を抑えたい人にとって有力な選択肢です。公営霊園を検討したい、という方はぜひご参考ください。

お墓にはさまざまな形態があります。中でも都道府県や市町村などの地方自治体が運営している霊園のことを公営霊園といいます。

公営霊園のメリット

公営霊園のメリットとしては、費用が比較的安価であることが挙げられます。

公営霊園の使用料や管理料は寺院墓地や民営霊園と比べると低めに設定されている場合が多いようです。そのため、お墓の維持費を抑えることができます。

また、公営霊園は寺院墓地や民営霊園に比べて制限も少ないといえます。

宗教の制約がないため、どの宗教・宗派の人でも公営霊園を使用することができます。

また、公営霊園であれば石材店の指定がありません。複数の石材店を比較して選べるのも、公営霊園の大きなメリットだといえるでしょう。

さらに、区画などによっては、高さ等の制限を設けている場合もありますが、墓石の大きさや形についての制約もそれほど多くはないようです。個性的なオリジナルデザイン墓石も、公営霊園であれば立てやすいといえます。

公営霊園のデメリット

しかし、公営霊園にも当然ながらデメリットはあります。

まず、誰もが公営霊園を使用できるわけではないということです。

公営霊園を使用するためには各、地方自治体が定めている条件を満たしている必要があります。その地域に短期間しか居住していない場合などは、公営霊園でお墓を持つことは難しいといえるでしょう。

また、条件を満たしていればそれでお墓を立てられるというわけでもありません。なぜなら、公営霊園では常に募集をかけているわけではないからです。申し込みの期間が限定されているうえに、申込者が多い場合には抽選となってしまうのです。

さらに希望の区画を選ぶことができないのも公営霊園のデメリットの一つで、トイレの近くなどの区画が割り当てられてしまうこともあります。そのため、気に入った霊園だったとしても区画によっては「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。

このように、公営霊園にはメリットとデメリットのどちらもあります。

「地方自治体が運営しているから」という安心感から公営霊園を選ぶ人も多いようですが、後になって後悔しないためにも公営霊園の特徴についてしっかりと把握しておく必要があります。

なお、最近では公営霊園でもさまざまな墓地のスタイルが生まれています。

例えば、明るいイメージの「公園墓地」、欧米風スタイルの「芝生墓地」、墓碑があらかじめ用意されている「壁型墓地」、限られた土地を有効活用した「立体式墓地」などです。

墓地のスタイルによって雰囲気は大きく変わるので、公営霊園の申し込みをする前に一度見学に行くことをおすすめします。

公営霊園の募集の仕組み

公営霊園は古くから使用されているため、霊園によっては空き区画がほぼありません。

そのため、ある程度の数の返還墓地が確保できて初めて募集が開始されます。

どのくらいの頻度で募集が行われるかはそれぞれの公営霊園で異なり、毎年同じ時期に公募が行われる霊園もあれば、何年も公募が行われていない霊園もあります。

また、公営霊園は募集の頻度が少ないため倍率も高くなります。

そのため、何度も申し込みを行っているにもかかわらず抽選で漏れてしまい、公営霊園にお墓を立てられないという人もいるようです。

公営霊園によっては落選数が多い人を優遇する場合もあるようですが、人気の高い都市部の公営霊園ではそのような優遇措置は行っていません。

公営墓地への申し込みの流れ

公営霊園への申し込みは、以下のような流れで行います。

公募情報の確認

公営霊園の募集は常時行われているわけではありません。自治体のホームページや広報、窓口などで公募情報について確認しましょう。

申込書の入手

公募情報が出たら、申込書の配布場所や配布期間を確認して入手します。

申込資格および期間の確認

自分が申込資格を満たしているかどうかを確認します。また、申し込みの締め切り日も必ず確認してください。

申し込み手続き

申し込みの手続きを行います。入手した申込書に記入し、締め切り日までに提出を行いましょう。

抽選

応募者数が募集している数を上回った場合は、抽選が行われます。これによって、墓地使用者が決定します。

資格審査

資格審査を受けます。定められた期間内に、住民票や戸籍謄本などの必要書類を準備しましょう。

使用料、管理料の支払い

資格審査に通ったら、使用料と管理料を支払います。

使用許可証の発行

使用料と管理料の納付を済ませて、初めて使用許可証が発行されます。

公営霊園の使用開始

使用許可証を受け取って、初めて割り振られた墓地に墓石を立てることができます。

公営霊園の申し込み手順は、ものすごく煩雑というわけではありません。しかし、もっとも気を付けたいのは申込資格についてです。申込資格を満たしていない場合はたとえ当選したとしても無効になってしまうので、あらかじめしっかりと確認しましょう。

なお、多くの自治体で定められている申込資格としては以下が挙げられます。

・申込者本人が〇年間以上にわたって該当地域に居住している

・申込者本人が申込遺骨の祭祀の主宰者である

・今まで一度も埋葬されていない遺骨を所持している

・〇年以内にお墓を立てることができる

・申込できるのは1世帯あたり1区画のみ

公営霊園の公募の際に記載されている料金は使用料および管理料の合計金額です。

実際にお墓を立てるときには、記載されている金額にプラスして墓石代がかかることに注意してください。

公営霊園の運営は自治体によってさまざま!中にはこんな自治体も

原則として、申し込みできる公営霊園は申込者が居住している自治体の公営霊園のみです。しかし、一部の自治体は例外となっています。

例えば、神奈川県愛甲郡清川村にある「宮ケ瀬霊園」における応募資格は以下のようになっています。

宮ケ瀬霊園の応募資格

・清川村に在住している

・清川村内にある事業所などに勤めている

・近隣の市あるいは町(厚木市、愛川町、相模原市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、山北町、秦野市、伊勢原市)に在住している

・申込者あるいはその配偶者が清川村に本籍をおいていた、あるいは住民登録をしていた

自治体によって申し込みの条件は大きく異なります。

公営霊園の使用を考えている場合は、自分が居住している自治体が運営している公営霊園だけではなく、近隣の市町村にある公営霊園についても調べているといいかもしれません。

東京都の公営霊園の仕組み

公営霊園の中でも、東京都の公営霊園は「都立霊園」と呼ばれています。ここでは、都立霊園についてご紹介します。

東京都の公営霊園の管理者

都立霊園と一般的な公営霊園の大きな違いは、管理者です。

都立霊園の事業主体は東京都ですが、実際に管理および運営を行っているのは「公益財団法人 東京都公園協会」です。

しかし、最近では「指定管理者制度」によって都立霊園以外の公営霊園でも管理・運営を民間企業に委託できるようになりました。

例えば横浜市営墓地「メモリアルグリーン」の管理は、指定管理者である「アメニスメモリアルグリーン共同事業体」が行っています。

東京都?千葉県?八柱霊園とは

八柱霊園は、1935年に東京都が東方墓地として開設した都立霊園です。しかし、都立霊園とはいうものの、実は千葉県松戸市に立地しています。

都立霊園を使用できるのは、通常は都内在住者のみに限られています。しかし、八柱霊園はその立地条件から例外が設けられており、松戸市民もこの霊園を使用することができます。なおこちらの霊園は著名人のお墓があることでも知られており、西條八十や嘉納治五郎、松山恵子などのお墓はこの霊園内に立てられています。

東京都の公営霊園の募集

東京都の公営霊園における申し込みの流れは、以下の通りです。

公募情報の確認

都立霊園の公募が行われるのは、基本的に年1回、7月です。募集の公示は例年「広報東京都6月号」にて行われており、また都立霊園公式サイトでも案内されています。

申し込み

募集が開始されたら、申し込みを行います。なお、申し込みは郵送またはインターネットにて受け付けています。

公開抽選

都庁にて公開抽選会が実施されます。抽選の結果は、翌日に都立霊園公式サイトにて掲載されます。

資格審査

当選した人が資格を満たしているかどうかの調査が行われます。

使用料、管理料の支払い

資格審査に通ったら、使用料と管理料を支払います。

使用許可証の発行

入金が確認され次第、使用許可証が発行されます。

都立霊園は全部で8ヵ所ありますが、毎年すべての霊園において募集が行われるわけではありません。2017年度は都立青山霊園、都立谷中霊園、都立多磨霊園、都立小平霊園、都立八王子霊園、都立八柱霊園の6ヵ所で公募が行われ、雑司ケ谷霊園および染井霊園での公募は見送られました。

おわりに

公営霊園は寺院墓地や民間霊園よりも費用を安く抑えられることが多く、かつ自由度も高いのが魅力です。また、最近では需要の高さから増設計画をつくっている自治体もあります。さらに樹木葬を始めている公営霊園もあり、生前予約ができる場合もあります。

自治体が運営している公営霊園ですが、時代に合わせて少しずつ変化しています。「抽選があるから」と敬遠せずに、まずはお住まいの自治体が運営している公営霊園について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

5/5 (4)

お墓の基礎知識
この記事を書いた人
いいお墓(株式会社鎌倉新書)

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

いいお墓(株式会社鎌倉新書)をフォローする
霊園の「現地見学」へ行こうキャンペーン実施中!
「いいお墓」で霊園・墓地の見学予約<無料>をしてから現地見学後アンケート回答で【JCBギフト券3,000円分】をプレゼントいたします。
はじめてのお墓ガイド | 霊園・墓地のことなら「いいお墓」