ペットと一緒に入れるお墓ってあるの?火葬から納骨、お墓の種類と選び方

家族の少人数化、いわゆる核家族が進む昨今、ペットを大切な家族の一員と考える方も少なくありません。また、死後もペットと同じお墓に入りたいという要望も増えてきています。

小さな動物であれば、自宅のお庭に埋葬して供養するということもできます。ただ、犬や猫など比較的大型のペットとなるとペット霊園など専用の区画や納骨堂が必要です。そうしたニーズに応えるように、人間と一緒にペットを入れる一般墓や永代供養墓、緑に包まれた樹木葬なども少しずつ見られるようになりました。

 

ここでは、多様化するペット用およびペットと入れるお墓の種類や、その選び方などについて解説します。

日本において、一番宗教人口が多い宗教は仏教です。ほとんどの人は、先祖代々受け継がれているお墓は仏教のお墓なのではないでしょうか。

もしペットを自分と同じお墓に入れたいのであれば、仏教におけるペットの扱いについて知る必要があります。仏教において、ペットがどのような扱いになっているのでしょうか。

また、ペットが仏教のお墓に入ることは可能なのでしょうか。

仏教におけるお墓とペット

仏教では動物は「畜生」として扱われるため、ペットを人間と同じお墓に入れることは基本的にはタブーとされていました。しかし、「ペットが極楽往生できるか」という問題については意見が分かれているようです。

仏教の教えによれば、動物は死後も輪廻転生を繰り返します。そのため、死後すぐに極楽往生することはできないとされています。しかし、「死者の成仏を願って供養を行えば動物もすぐに極楽往生できる」とする見解も一部あるようです。

ペットを飼う人が増えるにつれて、社会全体のペットに対する意識も変化してきました。お寺によっては、柔軟な解釈をしているところもあります。

ライフスタイルと意識の変化

一昔前は、犬が庭で番犬として飼われている様子を目にすることがよくありました。

しかし、近年では番犬として飼われている犬はほとんど見かけません。

犬にしても猫にしても、室内で大切に育てられています。ある調査によれば、90%の犬猫は室内で飼育されているともいわれています。

もちろん、ペットが室内で飼われることが多いのは日本の住居事情も関係しています。特に都心部の集合住宅では、猫や小型犬などを室内飼いするのがもっともライフスタイルに合っているといえるでしょう。しかし、それ以上に大きいのはペットに対する意識の変化です。

現在多くのペットの飼い主がペットに求めているものは、「ペットと触れ合うことで得られる癒やし」「精神的な安定」「自分以外の家族」です。多くの犬が外飼いされていた頃と比べると、ペットをより身近な存在としてとらえている飼い主が多いことが分かります。

家族であるペットも一緒に

ペットが身近な存在となっている今日では、「ペットは大切な家族」という価値観が当たり前のものとなってきました。家庭によっては、飼い主は、ペットを実の子どものように可愛がっています。

そんな時代の流れの中で、「ペットも同じお墓に入れたい」と考える人も増えてきました。

「動物をお墓に入れるのは邪道」という考え方は、もはや過去のものとなりつつあるのかもしれません。

徐々に増えてきたペットのお墓

ペットブームが到来してから、ペット関連の新しいサービスへの需要が拡大しました。そんな中で徐々に増えてきたのが「ペットのお墓」です。火葬や埋葬の方法にもさまざまな種類があり、ペットの飼い主の考え方に合った方法でペットを供養することができます。

火葬

火葬の方法には、主に「立会個別火葬」「一任個別火葬」「合同火葬」の3つがあります。

立会個別火葬

ペットの家族が見守る中でペットを個別で火葬する方法です。お骨上げも、家族の手で行うことができます。

一任個別火葬

ペット霊園のスタッフに火葬を一任する方法です。個別での火葬となるため、ほかのペットとお骨が混じることはありません。

合同火葬

複数のペットを同時に火葬する方法です。合同火葬は安価で済むものの、ほかのペットのお骨と混じってしまうため個別に埋葬することはできません。火葬を終えたら、合同墓地に埋葬されます。

納骨

火葬を終えたら、ペットの遺骨を納骨します。ペットの納骨の方法には「単独納骨」「合同納骨」「永代供養墓」「自然散骨」「自宅供養」などがあります。

単独納骨

自分のペットのみを個別で納骨する方法です。屋外にお墓を立てる方法と、納骨堂に遺骨を納める方法の大きく2通りがあります。

合同納骨

ほかのペットの遺骨と一緒に納骨する方法です。合同火葬をした場合は、合同納骨を行うことになります。

永代供養墓

家族に代わってペット霊園が供養を続けていく方法です。なかなかお参りにいけない事情があっても、代わりに供養をしてもらえるので安心です。

自然散骨

ペットのお骨を海などに撒く方法です。ペット霊園によっては、散骨のためにペットの遺骨をパウダー状にするサービスを提供しています。

自宅供養

その名の通り自宅にペットの遺骨を持ち帰って供養する方法です。庭に十分なスペースがあれば、手作りのお墓を作ってあげることもできます。

ペット霊園?ペットと一緒のお墓?

大切なペットが亡くなったときには、ペットが安心して旅立てるように丁寧に供養をしてあげたいものです。亡くなったペットをペット霊園に埋葬するのであれば、心を込めて供養をしてくれるところを選ぶことが大切です。

ただし、ペット霊園についてひとつ注意したいことがあります。それは、法律の整備が不十分であるがためにトラブルが多いということです。残念ながら、悪質なペット霊園業者も多く存在するのが現状です。

数年前には、ペット霊園業者が広告に表示した金額よりも高い金額を請求したことが問題になりました。また、ペット霊園が突然閉鎖してペットの遺骨が回収できなくなったこともありました。このようなトラブルは、ペットを愛する飼い主たちを不安にさせてしまいます。

それに対し、人間が入るお墓に関してはしっかりとした法律があります。そのため、このようなトラブルが起こる心配は少ないといえるでしょう。

ペット霊園での供養に不安があるのであれば、ペットも人間と一緒のお墓に埋葬できる霊園などを探すのがベストかもしれません。

増えているペットと一緒のお墓

ペット霊園の数は増加の一途をたどっており、特に都心部ではたくさんのペット霊園があります。それに対して、ペットと一緒に入れるお墓の数は決して多くはありません。とはいっても、その数は着実に増えています。

基本的に、お寺の墓地にペットを埋葬するのは宗教の関係上難しいといえます。住職が一緒に埋葬しても良いと判断しても、檀家の中には反対する方もいるかもしれません。

しかし、宗教・宗派不問の霊園の中にも、人間のお墓にペットの埋葬を許可しているところもあります。

ペットと一緒に入れるお墓の多くは首都圏をはじめ都市部にあるようですが、今後は地方でもペットを一緒に埋葬できる霊園が増えてくるのではないでしょうか。

ペットと一緒のお墓の種類

ペットと一緒にお墓に入るにしても、その種類は一つだけではありません。ここでは、ペットと一緒に入れる「一般墓」「永代供養墓」「樹木葬」をご紹介します。

ペットと一緒に入れる一般墓

少し前までは、人間とペットが一緒に入れるお墓を用意しているのはペット霊園のみでした。

最近では人間のお墓にペットを埋葬することができるようになっています。ただし、ペットと一緒に入れるお墓を設けている霊園は比較的新しいところが多いようです。ペットのために改葬をするときには、事前に詳しく霊園について調べることが大切でしょう。

ペットと一緒に入れる永代供養墓

お墓の管理をする人がいなくなってからもお寺や霊園が供養を続けてくれるお墓のことです。お墓の承継者がいないという状況が増えると同時に、永代供養墓を選ぶ人も増えてきました。

ペットと一緒に入れる永代供養墓は、家族単位で申し込めるタイプのものによく見られます。なお、ペットが先に亡くなった場合にはペットだけを先に埋葬することもできます。

霊園によっては、ペットの名を彫刻するなどのサービスを行っているようです。ペットと一緒に永代供養墓に入ることを考えている人は、霊園にて詳細を確認することをおすすめします。

ペットと一緒に入れる樹木葬

樹木葬は近年注目を集めている供養方法で、自然の中に遺骨を埋葬します。日本で初めて樹木葬が行われたのは1999年で、それ以降少しずつ世間一般に浸透してきています。

亡くなった後に自然に還ることができるという考え方から人気を集めた樹木葬ですが、実はペットと一緒に入れる形態の樹木葬もあります。

さらにこれには2つの形があり、1つは人間とペットが同じお墓に入れるというもの、そしてもう1つはペット用に別個にお墓が設けられているものです。

ペット葬と樹木葬は、どちらもニーズが高くなっています。今後は、ペットと一緒の樹木葬を取り扱う霊園も増えてくると考えられます。

ペットと一緒に入れる樹木葬【都道府県別一覧】
同じ月日をともに重ねてきたペットたちは家族の一員です。そんな大切な家族の一員が一生を終えたとき、一緒のお墓に入れるようにしたいとは思いませんか? 最近では「ペットと眠れる樹木葬」なども、特に都市部を中心に増えています。 ここでは、ペット...

おわりに

日本で初めてペットと人間が一緒に入れるお墓が誕生したのは、2003年のことです。「かけがえのない家族だから、お墓も一緒」というキャッチフレーズで売り出されたこのお墓は、発売開始の数年後に大ブレークしました。

また、「ペットは入れないと言われたから」という理由で墓じまいをし、ペットと一緒に入れるお墓に改葬する飼い主もいます。このような飼い主が増えたためか、ペットの埋葬に対応してくれる寺院も増えているそうです。

核家族化、少子化、そして高齢化が進んだ現代の日本では、ペットはかけがえのない大切な存在です。だからこそ、きちんと管理されているお墓が減る一方で、ペットと一緒に入れるお墓が増えているのです。

ペットに対する意識、そしてお墓に対する考え方は、時代と共に変化しています。大切なペットが亡くなったときにどのように弔うべきか、今のうちから少しずつ考えていくといいかもしれません。

5/5 (12)