納骨堂とは – 種類・費用

2018年3月25日

近年、人々の価値観の変化や多様化が、お墓や埋葬のスタイルに影響を与えるようになってきています。これまで日本人の場合、自分が死んだ際は、先祖代々から続くお墓に入るというのが一般的でした。しかし、現在は実に多くの選択肢があり、自分に合ったお墓を選ぼうという人が増加傾向にあります。中でも注目を集めているのが納骨堂です。そこで今回は、納骨堂とはどのようなものなのか、その種類や費用、メリットとデメリットなどについて詳しく紹介したいと思います。

・納骨堂とは、主に建物の中などに個人や家族で遺骨を納められる施設のことです。

・「個人用」、「夫婦2人用」、「家族用」など、納める遺骨の数によって料金も異なります。

納骨堂とは屋外にある墓地ではなく、主に建物の中などに個人や家族で遺骨を納められる施設のことです。その多くが、継承を前提としない永代供養のお墓であり、お寺の敷地内などに設置されることが一般的です。ちなみに永代供養とは、故人の家族や親戚の代わりにお寺や施設などが、お墓の管理や供養を代行する埋葬方法のことです。

しかし、永代といっても個別に納骨される期間は決まっているのが一般的です。それぞれの納骨堂のサービスや契約の内容にもよりますが、このような場合、期間が終了した時、また継承者が不在となった時点で、合祀墓に遺骨を移し、以降の供養を続けるというケースが多いようです。期限終了時に更新料を支払うことで、個別に納骨できる期間を延長することもあります。

また、同じ敷地内にたくさんの遺骨を納められるため、通常のお墓を買うより料金が安く済むのも特徴です。区画単位で購入することが一般的で、「個人用」、「夫婦2人用」、「家族用」など、納める遺骨の数によって料金も異なります。

納骨堂の種類には、ロッカー式や室内墓所と呼ばれる建物の中に墓石を置くもの、仏壇型のものなど、実にさまざまです。また、最近は都心はじめ都市部を中心に、自動搬送式の納骨堂も多く存在します。

参拝者がICカードをかざしたりタッチパネルを操作したりすることで、普段は収蔵庫に収められている納骨箱が自動的に参拝スペースに運ばれてきます。マンションタイプのお墓と呼ばれることもあります。

納骨堂の定義

納骨堂の定義は、厚生労働省がお墓に関する法律である「墓地、埋葬等に関する法律」2条1項において、「他人の委託を受けて焼骨を収蔵するために、納骨堂として都道府県知事の許可を受けた施設」と通達しています。

つまり、納骨堂とは、遺骨を安置できる施設のことです。また、納骨堂を経営するためには、法律に基づく許可が必要です。しかし、故人の焼骨をお墓に埋蔵する前に一時的に預かるような場合は、お寺が納骨堂としての許可を得ていなくても問題はありません。ただし、遺骨の保管を継続的、反復的に実施する場合は、納骨堂としての許可を得る必要があります。

納骨堂の種類

・納骨堂には「仏壇型」「ロッカー型」「墓石型」など様々な種類があります。

・タイプによって費用なども異なります。

納骨堂には、さまざまな種類があります。まず、「仏壇型」という仏壇タイプの納骨壇が横並びになっている納骨堂があります。「霊廟(れいびょう)型」とも呼ばれます。比較的割高ですが、位牌を安置する仏壇がある上段と、遺骨を納める下段に分かれており、遺影やお花を飾ることもできます。上部がお宮の屋根を模したデザインのものもあります。

一方、「ロッカー型」と呼ばれるロッカーのように並んだ棚に骨壺を納めるタイプのものも人気があります。参拝時に納骨壇を開くものと、納骨壇の前に参拝用のご本尊が用意されたものと、大きく分けて2種類があります。ただし、見た目が若干コインロッカーと似ている部分もあるため、気にされる方がいるのも事実です。

霊園のように墓石を並べる「墓石型」の納骨堂もあります。屋内にある霊園ということで、雨や風、汚れなどによる影響を受けにくく、お花やお線香をお供えできるところもあります。

そして最近注目されているのが、「コンピューター制御型」の納骨堂です。最新のテクノロジーを投入した納骨堂で、24時間営業のところや、スクリーンに遺影が投影されるもの、故人が好きだった音楽が流れるものなどもあります。契約時に渡されるICカードやタッチパネルを操作することで、お位牌や骨壺が自動的にお参りできる場所に出てくるところが一般的です。

価格を抑えたいという方には、お内仏の周りに位牌を立てる「位牌型」の納骨堂もあります。料金が、ロッカータイプよりさらに抑えられます。ちなみに、遺骨は別の場所に保管することが多いようです。

また、「合祀(ごうし)、合葬(がっそう)型」と呼ばれる納骨堂は、永代供養塔の中に骨壺を保管するもので、骨壺から焼骨を取り出し、他の人の遺骨と一緒にする埋葬されるため、最も料金を安く抑えることができます。

納骨堂の運営母体もさまざまで、お寺が運営する「寺院納骨堂」以外にも、社団法人などが運営する「民営納骨堂」や、自治体が運営する「公営納骨堂」があります。宗派や宗旨を問わない施設も多く、お寺が運営する場合でも、宗旨宗派不問をうたっていたり、檀家になる必要がないという施設も多数あります。

納骨堂の相場・費用の目安

納骨堂は通常のお墓に比べ安価ですが、その種類や供養方法、規模などによって料金が異なります。まず、収蔵可能な遺骨が何体かによって違いがあり、個人用と夫婦用、家族用とでは費用が大きく異なります。次に、施設の管理体制や充実度、納骨時の戒名や法要の有無などにもよって違ってきます。

非常に安価な施設もありますが、納骨時に法要などが一切ない簡素なスタイルの場合が多いです。また、立地の違いも料金に影響します。やはり都心から近い施設や、駅から近くアクセスが良い施設は、郊外の施設よりも割高になります。

一般的な相場としては、年に一回程度法要を行い、比較的管理体制もしっかりしている施設の場合、個人用が50万円程度、家族用であれば100万円程度だと考えればよいでしょう。料金の中には、永代供養料と使用料、納骨費用や開眼法要料、施設によって戒名や位牌などが込みの場合もあります。また、管理費が別途1万円/年程度発生する場合もあります。従って、事前に必要なサービスをきちんと確認しておく必要があります。

予算を抑えたい場合は、例えば東京都であれば都営の納骨堂などもあります。しかし、募集が集中するため抽選を行う施設も多いため、諸条件についてはあらかじめ確認しておくとよいでしょう。一方、最新式の機械を使った自動搬送式の施設になると、個人用で80万円前後が相場となりますし、有名なお寺であれば200万~300万する場合もあります。

また、例えばロッカータイプの納骨堂などでは、同じ施設であっても棚の位置によって費用が言葉なる場合もあります。目の高さに近いところは高めの料金設定になっているのに対し、一番下の段、もしくは一番上の段などお参りがしづらい位置にあると、やや低い価格設定になります。

納骨堂のメリット・デメリット

・納骨堂のメリットには、価格や参拝のしやすさがあります。

・納骨堂のタイプによってはデメリットもあります。

納骨堂のメリット

納骨堂のメリットはたくさんありますが、まず何といってもお墓と比べて料金が安いことでしょう。お墓は、墓石と墓地の永代使用料を含めると300万円前後かかるのに対し、納骨堂は個人であれば50万円前後に抑えることもできます。また、比較的アクセスのよい立地に施設が多いというのもメリットです。

さらに、納骨堂は基本的に屋内施設であるため、雨や風といった天気の影響を受けず、冷暖房なども完備されており快適に参拝できます。もちろん、掃除や、草抜きといった作業も必要ありません。

転勤などで転居する場合、お墓も一緒に移動させるという人は少ないと思います。しかし、一般的な納骨堂であれば遺骨の移動が簡単なため、近くの施設に移すという選択肢もあります。

ただし、お墓と同様に移動の手続きが必要です。近年では、無宗教、無宗派という人も増えていますが、そういった人であっても納骨堂は利用できます。また、施設によっては葬儀ができたり、家族で代々利用できたりするところもあります。このように、時代の変化に伴う顧客ニーズの変化に柔軟に対応できる点も、大きなメリットといえます。

納骨堂のデメリット

納骨堂のデメリットとしては、まず遺骨の収蔵期間がある点が挙げられます。例えば、33回忌までといったように個別に遺骨を保管できる期間があらかじめ決められているため、期間終了時に継続するか否か判断を迫られることになります。

継続する場合は更新料を支払えば引き続き遺骨を保管してもらえますが、継続の手続きをしなかった場合、遺骨を供養した後、「合葬墓(がっぞうぼ・ごうそうぼ)」「合祀墓(ごうしぼ)」と呼ばれる他の人と合同で祀られるお墓に埋葬されます。合祀墓に遺骨が埋葬されてしまうと、他の人の遺骨と混じってしまうため、特定人物の遺骨を取り出せなくなります。

納骨堂にはさまざまな種類があることから、タイプに依存したデメリットもあります。合葬、合祀型の納骨堂は他の人の遺骨と一緒に供養されるため、遺骨を後から引き取ったり移動したりすることができません。

また、位牌型の納骨堂の場合、遺骨が保管されている場所に入ることができない施設もあるため、遺骨を前にして参拝できないことがあります。

代表的な例

東京都の代表的な納骨堂についてご紹介します。

東長寺結の会納骨堂「龍樹堂」は、20年の永代供養付の納骨堂です。アクセスは、丸ノ内線「四谷三丁目駅」、「新宿御苑前駅」、都営新宿線「曙橋駅」の3駅から徒歩約8分という好立地です。400年の歴史と伝統を持つ曹洞宗の寺院が運営する施設で、法要施設や休憩スペースも完備されています。

六本木ヒルズに近い元麻布にある納骨堂です。使用期間は50年間で、以降は合祀供養塔に合葬し永代供養されます。ロッカータイプの納骨堂で、室内納骨堂と屋外納骨堂があります。花瓶やお線香も常備してあるため手ぶらで参拝でき、法要施設や、会食などで利用できる施設もあります。また、宗教に縛りはなく、どなたでも利用できます。遺骨を地上の礼拝堂に安置するため、地下の納骨堂に降りなくても参拝できます。

浅草やスカイツリーに近い本所吾妻橋駅から徒歩2分の好立地にある民営の納骨堂です。建物内は完全バリアフリーで、1基480,000円からの、リーズナブルな価格設定が特徴です。宗旨宗派を問わず申し込みでき、永代供養で後継者のいない人でも安心です。

ICカード式の室内墓地で、お花やお香の用意もありますので、手ぶらでの参拝が可能です。

納骨堂の歴史

納骨堂はもともと霊廟(れいびょう)と呼ばれており、奈良時代前後に発掘された文献

に記載があったとされています。また、「納骨壇」と呼ばれるものもあり、天皇家や豪族といった上流階級の人々が、自らの栄華存続のために建物の中に遺体を安置したことが始まりだったそうです。

歴史的にみると、納骨堂は日本各地にあったようです。

例えば九州では「骨預り」という上京する際、菩提寺(ぼだいじ)に先祖の骨を預けるという習慣があったそうですが、ここから納骨堂が生まれたという説もあります。また北海道では、冬の間墓地が雪で埋まってしまうため墓参りできないことと、北海道に移住してきた人たちが本州に戻るまでの間一時的に遺骨をお寺に預かってもらったことから、納骨堂の文化が発展したともいわれています。

現在の形に近い納骨堂が現れたのは、昭和初期の頃だといわれています。もともと納骨堂は、お墓を建てるまでの間、利用料を支払うことで一時的にお寺の境内で遺骨を預かるという場所でした。

しかし、次第に遺骨を預かる期間の延長や、永代供養が実施できるお寺も増えはじめ、安価で場所も取らないことから全国的に普及していきました。

一般的な墓地と違い、跡継ぎがいなくても購入できるも人気の要因でした。さらに、都心では深刻なお墓不足ということもあり、お墓の代用施設として拡大していきました。

まとめ

新しいお墓の形として注目を集める納骨堂。さまざまな種類があることから、メリット、デメリットも千差万別といえるでしょう。そのため、ご自分の思想やライフスタイル、予算などに応じてじっくり検討することが重要です。また、従来のお墓も選択肢に入れることを忘れないようにしましょう。あなたにとって最適なお墓を選ぶお手伝いになれれば幸いです。