埼玉でお墓を探すなら~お墓の特徴、費用相場がよくわかる!~

首都・東京に隣接する埼玉県は、広めの面積でお墓が建てられる!?


首都・東京の北部に位置する埼玉県は、高度経済成長期にベッドタウンとして急速に発展した県です。一方で、広大な関東平野の恩恵を受けての農業も盛ん。都市機能と牧歌的な雰囲気が共存しています。

そんな埼玉県におけるお墓探しのポイントは、やはり「費用」と「アクセス」。費用に関しては、関東の中でも少々お高めの傾向があります。

アクセスの面を見ると、東京に近い南部の都市ではJRをはじめ私鉄各線が充実していますが、一方で北部や東部は電車ではなく車社会として発達している模様です。

それでは、埼玉県のお墓の特徴について、もう少し詳しく見ていきましょう。

埼玉県内の死者数は増加しているのに、お墓の数は減少傾向…

埼玉県の死者数と墓地数の推移を示したグラフ

※厚生労働省『人口動態調査』『衛生行政報告例』より「いいお墓」作成

ここからは、埼玉県内における死者数と墓地数の推移について見ていきます。

埼玉県内の死者数は、1990年には3万人程度だったものが、高齢化の波を受けて一気に増加。2000年に4万人を超えると、2010年には5万5,000人、最新データとなる2017年には6万5,000人を超えるまでになりました。

それに比例してお墓の数も増えている…かと思いきや、その反対で、減少傾向にあります。2000年に3万3,508ヵ所だった墓地数は、2017年に3万3,426ヵ所に。関東地方の中では墓地数は多い方ですが、県内だけで見てみると、その数は減少しているのです。

今後もこの傾向が続くのだとしたら、霊園の確保は急務であると同時に、埼玉県内でお墓を探している人は、気になる霊園には早めに資料請求をしたり見学をしたりと、早め早めに対策していきましょう。

埼玉県の葬儀の特徴

広い埼玉県では、「前火葬」の地域と「後火葬」の地域に分かれる

埼玉県では、通夜の翌朝、葬儀・告別式の前に火葬を行う「前火葬」の地域と、葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」の地域があります。

火葬場の少ない地域では、友引明けの午前中などは、混み合って希望通りに受け入れてもらえないこともあります。そのため、地域に火葬場のない寄居町などでは、葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」が主流のようです。

この時、火葬中に本膳(精進落とし)を行うこともありますが、会場やお寺の都合などで火葬後になることも多く、終了時間が夕方までずれ込むこともあります。

秩父地域などでは、葬儀の前に火葬をして、葬儀・告別式の後、当日のうちに納骨する場合が多いようです。また、一部の地域では、近隣の助け合いの組である「念仏講」が読経などを行い、その後に清めの食事を出すこともあります。いずれも、ある程度時間がかかることを想定しておくとよいでしょう。

埼玉県北部の葬儀では、参列者も死に装束を身にまとう!?

参列者が死に装束を身につける埼玉県の葬儀の特徴のイメージ

埼玉県の北部では、参列者が死装束の一部を身に付けて、故人を送る風習があり、「金剛杖」が参列者に配られるので、それを手に参列することになります。

また、男性の参列者はこのほか、三角形の布を額に付けることがあります。この三角形の布は、ここでは「かんむり」と呼ばれています。

5/5 (2)

☎お墓探しの相談をする