石碑はないけど

2015年6月15日 公開
いいね
52
お名前 kuroko 建墓時期 2013年3月
場所 兵庫県宝塚市 霊園名 宝塚
どなたのお墓か 自分
エピソード 30代で自分のお墓を購入することになりました。両親は健在ですが、実家のお墓が遠方のため、今後お墓に入るかについては後回しになっています。私は長男だったことと、両親の田舎のお墓には入ることはないので、地元でお墓を購入することにしました。周りからは「30代でお墓のことを考えるなんて…」と驚かれました。生活に負担のないよう10年ローンでまずは芝台を購入。完済すれば今度は石碑の部分を購入する予定です。子どもたちとも定期で掃除に来ます。手を合わせる機会が少なくなっている時代において、子どもたちなりに色々と感じ取っているようです。気持ち的にも落ち着く場所ができたので、お墓を購入して良かったと思っています。
いいね
5
写真をクリックすると拡大します

初めまして高祖父母 よろしく2015年4月13日 公開

お名前 いーちゃん 建墓時期
場所 静岡県駿東郡 霊園名 冨士霊園
どなたのお墓か 高祖父母
エピソード 一番可愛がられてた初孫 私に初孫ができて、孫を初めて
おまいりに連れて行きました。
私は九州に住んでますが、孫たちは横浜に住んでいて私よりお墓が近いんです。
孫が生まれて1歳半、病気や怪我で病院に行ったことが一度もないのはご先祖さまのおかげです。全てに感謝です。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

じいちゃん、会いにきたよ2015年3月11日 公開

お名前 ゆめとも 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 祖父
エピソード 大好きな祖父が眠っています。この日はお掃除しにお参り。安らかに眠って私達を見守っててくれるといいな。
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

殉国の人2015年3月9日 公開

お名前 えぬごじら 建墓時期 1939年
場所 埼玉県熊谷市 霊園名 大野霊園
どなたのお墓か 叔父
エピソード 私の叔父は昭和15年の真珠湾攻撃の一年前に満州の守備隊で隊長を拝命していましたが、匪賊の不意打ちにあってあえなく全滅しました。そして軍神となって大野村の殉国の墓に祭られています。
いいね
5
写真をクリックすると拡大します

姉と母の後ろ姿2015年3月3日 公開

お名前 くは 建墓時期
場所 東京都 霊園名
どなたのお墓か
エピソード 昨夏の写真です。
毎年見る光景。祈る母と姉の背中を見て、時がだいぶ過ぎたんだなと感じました。
今年もお墓参りに来たよ。
父はたぶん喜んでいると思います。
いいね
5
写真をクリックすると拡大します

孫の初めての墓参り2015年2月25日 公開

お名前 ぴんけろ 建墓時期 30年くらい前
場所 霊園名
どなたのお墓か 祖父母
エピソード 東京に住んでいる3歳の孫が初めての墓参りをしました 神妙に手を合わせていました 墓の中のおおじいちゃんおおばあちゃんも大喜びでしょう
いいね
8
写真をクリックすると拡大します

やっと来れました。2015年2月19日 公開

お名前 safajimu 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 父の先祖
エピソード このお墓は、父の先祖がここから繋がっているとのことで、
山の湖畔に立つこのお墓に、お参りに来たかったそうですが、なかなか機会に恵まれず、昨年たまたま近くに紅葉を見に行き、お参りが出来ました。
いいね
8
写真をクリックすると拡大します

綺麗にしますね!2015年2月18日 公開

お名前 rukko 建墓時期 30年前くらいに山形から運んできました
場所 北海道旭川市 霊園名 春光の丘霊園
どなたのお墓か 主人のご先祖様
エピソード 毎年家族で楽しくご先祖様に会いにきています!
いいね
14
写真をクリックすると拡大します

ひいおじいちゃんのお墓 2015年2月13日 公開

お名前 小林淳 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 祖父
エピソード 昨年の1月、私の祖父が突然他界しました。
応募写真に写っている子のひいおじいちゃんにあたります。
写真の子は、私の息子の湊(みなと)、二歳の男の子。
私の祖父は、ひ孫の誕生をたいへん喜び、ひ孫の顔を見るのを生き甲斐にしているような人でした。
そんな祖父の突然の他界、息子は当初、人の死というものを理解していなかったようですが、
数ヶ月たち、祖父がこの世にいないことを、ようやく理解したようです。
息子はよく私に問います。
「おじいちゃんは、どうして死んだの?」
私は何とこたえてよいかわからず、いつも困っていました。
この写真を撮影した日のお墓参りの日も、息子は同じ質問を私にしました。
すると妻(写真右)が答えました。
「たくさん生きたからだよ」
息子は、理解したのか、そうでないのか、なんとかく「そうだね」といった顔をし、
お墓の前で手を合わせました。
祖父は天国で、孫やひ孫がお墓の前で手を合わせる姿を見て喜んでいるに違いありません。
 

祖父の突然の死は、当然のことながらショッキングな出来事でした。
しかし、私はこう思うのです。
人の死に無駄な死はない、と。
祖父は自分の命の引き換えに、残された私たちに、命の尊さ、時間の大切さ、
日々の当たり前に過ごしている時間が、いかにかけがえのない、大切なものかを教えてくれたのだと思います。
刹那、刹那を大切に生きる姿を天国の祖父に見せることが、私たちの使命だと思います。
そして、祖父は、こうして時にお墓の前で、家族や親戚、縁のある方々と集まる機会を与えてくれているのかもしれません。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

春を迎える2015年2月10日 公開

お名前 たこ 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 祖父母
エピソード 祖父母にもお正月気分を感じてもらえるように、季節の花を供えました。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

いつもきれいに♪2015年2月4日 公開

お名前 まさくん 建墓時期 平成14年1月
場所 愛知県稲沢市 霊園名 萬徳寺
どなたのお墓か 私の父と母
エピソード 2015正月ももうすぐ終わる冬の午後。今週も家内はお墓に出向いてお花をいけました。そのときに、お墓を掃除している様子を写真です。いつもお墓をきれいにしてくれていることに今日も感謝します。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

父の納骨の日に2015年2月2日 公開

お名前 とんとん 建墓時期 2014年
場所 北海道石狩市 霊園名 戸田記念墓地公園
どなたのお墓か 父親
エピソード 遠く離れて住む家族。急に亡くなった父。死に目にも会えず。お通夜にも、お葬式にも全員が集まる事ができませんでした。やっと、半年経った納骨の日に家族が集まる事が出来ました。海の見える丘に近く、春は桜が満開、秋は、紅葉が綺麗だそうです。まだ一人ぼっちだけど、綺麗な景色の中で、好きな歌を唄っているかな?
いいね
9
写真をクリックすると拡大します

花に囲まれて2015年2月1日 公開

お名前 風流人 建墓時期 1985年ごろ
場所 東京都八王子市 霊園名 都立八王子霊園
どなたのお墓か 両親
エピソード 高尾のお墓には私の両親が眠っています。お彼岸に行くと周りのお墓にも花がいっぱい。花好きだった両親もきっと喜んでいることでしょう。その両親とも仲の良かった家内がお参りしているところを撮影しました。
いいね
9
写真をクリックすると拡大します

お墓で踊っていいですか?2015年1月29日 公開

お名前 GOGOX 建墓時期 昭和55年頃
場所 神奈川県川崎市 霊園名 津田山 緑ヶ丘霊園
どなたのお墓か 主人の母と母方の家族。自分達もここに入ります。
エピソード 4歳の娘は、お墓参りが大好きです。お墓には、おばあちゃんがいます。一緒にいるのは、おばあちゃんのお姉さんです。
お墓参りの時は、パパやママとおばあちゃんのお姉さんなど親戚が集まるので、とても楽しくなるようです。
あまりにも楽しくて娘から出た言葉が「お墓で踊っていいですか?」でした。お墓で、みんなの笑い声が響き渡って、すがすがしい気持ちになりました。
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

あけましておめでとう2015年1月27日 公開

お名前 しょな。 建墓時期
場所 愛知県岡崎市 霊園名 岡崎市井内町の霊園
どなたのお墓か 先祖代々の墓
エピソード 旦那が私の祖父のお墓に新年のあいさつに来ました。
いいね
10
写真をクリックすると拡大します

血脈2015年1月26日 公開

お名前 森田一行 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 祖父
エピソード 正月に親戚一同集まり墓参りをするのですが、今年は息子にとっては初めての墓参り。
そういえば息子は、どことなくお墓に眠っている祖父に似ている。
なんとなく、あぁ、こうやって繋がっていくんだなぁ、と感じた瞬間でした。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

天国(上空から) 来たね~ 見えるよ~2015年1月23日 公開

お名前 神谷政晴 建墓時期 40~50年くらい前
場所 静岡県浜松市 霊園名 法永寺
どなたのお墓か 父、母
エピソード 父が生前に、少し誇らしげに「墓を建てた」と言っていた言葉が今も私の耳に心地よく残っています。私(長男)と妻も一緒に過ごした日々が…ここに来ると蘇って来ます、必ず会える場所が有る。天と地をつなぎ…話し合える墓の前。
父と母(天国)からは、こんな風に見えるかな?
いいね
6
写真をクリックすると拡大します

きれいにするよ!2015年1月22日 公開

お名前 廣畑糧子 建墓時期
場所 和歌山県白浜 霊園名
どなたのお墓か 主人の実家
エピソード 主人の実家、和歌山県白浜にあるお墓。歩いていける距離なので、いつも義母がきれいにしてくれています。帰省した時には娘が大張り切りでお墓の掃除。日常生活の中で、自然にお墓を大切にする気持ちが育まれます。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

墓と有刺鉄線2015年1月21日 公開

お名前 にゃんにゃん隊長 建墓時期 昭和9年位
場所 霊園名 不明
どなたのお墓か 先祖代々の墓
エピソード 建った時はなかったのに、後から近くに高速道路ができて、ご先祖様は、さぞうるさくなったと思っているだろうなあ。
前はまだ奥にお墓があったのに、立ち退きになって、今は隣は崖になっています。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

心の底から2015年1月20日 公開

お名前 タキオン 建墓時期 昭和40年
場所 霊園名
どなたのお墓か 祖父母
エピソード ピッタリな表現を探すとしたら、無心という言葉ではないでしょうか。誰にも話せない悩みも、ご先祖様のお墓の前では話せてしまうから不思議です。

がんと診断され、泣きながら手を合わせた十三年前の記憶は今も鮮明です。これからも私たち家族を温かく見守っていてください。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

ひいじいちゃんのお墓参り2015年1月19日 公開

お名前 RPT 建墓時期 2006年10月
場所 埼玉県上尾市 霊園名 殿山聖地墓苑
どなたのお墓か 祖父
エピソード 会ったことのないひいじいちゃんのお墓参りをしてくれた妻と娘達。写真を見せると今では歩けなくなってしまったひいばあちゃんがとても喜んでいました。先祖を敬う気持ちを大切にしていきたいと思います。
いいね
10
写真をクリックすると拡大します

ひぃじいちゃん!膝さ乗せて!!2015年1月16日 公開

お名前 かずのこ 建墓時期 2007年
場所 霊園名
どなたのお墓か 祖父
エピソード 祖父のお墓参りに、家族皆で行ってきました!甥っ子は初めてのお墓参りでした!着くなり甥っ子はお墓に乗っかり、墓石をなでなで。「あれまぁ」と最初は思いましたが、まるで、ひい爺ちゃんだと分かって、じゃれあっているようでした。これが「ひ孫とひい爺ちゃん」のコミュニケーションだったのだろうか??笑
ほっこりしました(o^^o)
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

会いにきましたよ2015年1月16日 公開

お名前 ノリ助 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 義祖父
エピソード 結婚してから、毎年、ご挨拶にお伺いしています。
のどかな場所にある墓地なので、とても気持ちが良いです。
お会いした事は無いのですが、毎回、お墓参りに行く車中では、
義祖父がどんな人だったかという話を聞きながら行きますので、
今では、実際お会いした事があるような気がします。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

こんにちは3歳になりました。2015年1月15日 公開

お名前 のおさん 建墓時期 20年前
場所 島根県安来市 霊園名 洞正院
どなたのお墓か
エピソード 墓や仏壇がない家に住んでるのに帰省すると
何故か墓石と仏壇にはよく手を合わせてくれる孫です。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

会ったことがないのにね2015年1月15日 公開

お名前 のぶ 建墓時期 1981年頃
場所 埼玉県秩父市 霊園名 秩父市営 秩父聖地公園やすらぎの丘
どなたのお墓か 両親
エピソード 私の両親は私が二十歳になる前に二人共病気で亡くなったので、私の子ども達はおじいちゃん、おばあちゃんに会った事がありません。
しかも今は東京から石川に引越し、お墓参りにも気軽に来れなくなりました。
それなのに、久しぶりにお墓に来ると、子ども達は我先にと水桶に水を汲んで坂を登り、せっせとお墓をキレイにしてくれます。
子ども達がどんな思いでそうやってくれるのかは分かりませんが、その姿を見ていると目頭が熱くなってきます。
きっと両親も喜んでいるだろうな~っ
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

愛し続けて25年2015年1月14日 公開

お名前 九重 建墓時期
場所 埼玉県 霊園名 青葉園
どなたのお墓か
エピソード
いいね
5
写真をクリックすると拡大します

お父さん、お疲れ様でした2015年1月14日 公開

お名前 ベリーA 建墓時期 平成5年5月
場所 大分県日田市 霊園名 九州池田記念墓地公園
どなたのお墓か
エピソード 父が亡くなり、自分が建てたお墓にとうとう入る時が来てしまいました。
早くに亡くした父親代わりになって、母親を支え弟・妹の面倒をみてきた苦労の人生。
オイルショックで激動的な苦労も乗り越え、私たちを育ててくれました。
今度は私が娘を一人前の大人に育て上げて、父に恥じない人生を歩みます。
母の事は心配しないでね。
おばあちゃんに会ったら、私が結婚して子供がいることを伝えて下さい。
次に生まれてくるまでの間、しばらくゆっくりしてくださいね・・・お疲れ様でした。
いいね
6
写真をクリックすると拡大します

ばぁばのご先祖様2015年1月6日 公開

お名前 やぎ子 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 義母のご先祖様
エピソード 嫁いで12年の私。
お義母さん方のお墓参りに初めて行きました。
もちろん息子も初めて。
「ばぁばのご先祖様だよ」と教えると
「はじめまして。ひ孫です」と丁寧にご挨拶できました
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

愛を込めて、花束を。2015年1月6日 公開

お名前 ポレポレ 建墓時期
場所 埼玉県 霊園名 青葉園
どなたのお墓か
エピソード
いいね
6
写真をクリックすると拡大します

大きくなったでしょ。2015年1月5日 公開

お名前 kumi 建墓時期 先祖代々
場所 北海道 霊園名 開原寺
どなたのお墓か 曽祖父、曾祖母
エピソード 毎年お盆には欠かさずにお墓参りに家族で行きます。
おおばあちやんにお供えをして
お線香をあげて孫たちの成長をご報告
子供たちも孫たちも
手を合わせお参りします。
いいね
9
写真をクリックすると拡大します

せっせとお仕事2015年1月5日 公開

お名前 ななここ 建墓時期 2000年頃
場所 霊園名 ハナミズキ霊苑
どなたのお墓か 義父
エピソード お水入れが自分の仕事だと思って、毎回せっせとお仕事してくれます。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

ひいばあちゃんの墓参り2014年12月25日 公開

お名前 坂本幸一 建墓時期
場所 埼玉県 霊園名
どなたのお墓か 祖父母
エピソード
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

こんな身体でも会いに行く2014年12月25日 公開

お名前 寺内町亭小天狗 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 母方のお墓
エピソード 外出の移動が車椅子になっても、
亡き両親に会いに行く。
しかし、車椅子で墓参りができない。
遠くから墓花を見て、墓参りをしています。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

1年経って2014年12月24日 公開

お名前 奥原賢二 建墓時期 2009年頃
場所 長野県大町市 霊園名
どなたのお墓か
エピソード 父が亡くなって1年。家族皆でお墓参りに行きました。
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

親父と墓参り2014年12月22日 公開

お名前 いそっち 建墓時期 2000年
場所 霊園名
どなたのお墓か 五十川家
エピソード 1年に一度東京から実家に帰ると親父と墓参りするのが習慣になっています。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

自然へと還る2014年12月22日 公開

お名前 ともちゃん 建墓時期 2013年5月
場所 岩手県 霊園名 知勝院
どなたのお墓か 祖父
エピソード 海や山をこよなく愛した祖父。
「樹木葬」ということで、墓石などではなく、植樹をしました。
1m程の深さの穴にお骨を直に入れ、土を被せ、植樹。
木は、ヤマツツジ。両脇の花は切り花です。
よく山菜採りに入っていた山で、静かに自然に還っていってください。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

いつも綺麗に2014年12月19日 公開

お名前 derapan 建墓時期
場所 愛知県 霊園名
どなたのお墓か 先祖代々
エピソード 5月に父が亡くなり、母とお墓掃除に通っています。
先祖代々の墓で石塔についた苔がとれず困っています。
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

穏やか2014年12月19日 公開

お名前 よしたん 建墓時期 1977年1月
場所 霊園名
どなたのお墓か 一族
エピソード このお墓は、私の弟(享年3歳)が亡くなったため、両親と祖父が建立しました。今では、弟、祖父母、母が納められています。今月は母の3回忌。法事には行きましたが、多忙でお墓には行けていませんでしたので母にお詫びと近況報告をしました。
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

いつもの夏2014年12月18日 公開

お名前 スピードマスター 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 岡田家先祖代々
エピソード 夏に実家に帰省すると、「お墓参り」はいつもの行事。だから、特にどうという写真ではないんだが、いつもこんな感じと1枚撮った。
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

母の字の墓碑 2014年12月15日 公開

お名前 min 建墓時期 2002年4月
場所 東京都八王子市 霊園名 まや霊園
どなたのお墓か
エピソード 私の両親はクリスチャン。父が亡くなり母がお墓を建てた。その際母が書いた字を使用し賛美歌の一節を彫ってもらった。墓の家の名も母の字。
母は健在だがいつかの日を迎えてもきっと母の字をみて懐かしむと思う
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

心の故郷2014年12月15日 公開

お名前 渡会三郎 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 先祖代々
エピソード 「俺一人でもいいのだが、オヤジやオフクロへの気持ちを伝えるために兄弟でお金を出し合って、お墓を建て直したい」と故郷の兄から電話。
 独り身の兄に子供はなく、兄亡き後墓を誰が引き継いで行くのかと私は困惑した。
「車で十時間以上もかかるあんな所に私は眠りたくない。お墓は子供達がいつでもお参り出来る近場でなければダメよ」と鼻白む妻。
 しかし、私達夫婦の墓の件はともかく、こちらの思惑など一向に察しない浮世離れした兄の背中を想い、お金は送った。
「ただ、建立者は兄貴の名前だけにしてよね。連名なんて聞いたことがない」と、一応念を押して。
 ところが、久しぶりのお盆の帰省――墓前で兄が慨嘆した。
「墓地まで寂しくなる。この墓も俺の代で終わりかな」
 先祖代々の墓をどうするか、このような問題を抱えているのは私だけではないだろう。私の故郷の村の共同墓地にもあちこち空き地が出来(きっとどこかに引っ越したのだろう)、数えれば無縁墓も五本の指を超える。
 心の故郷とするに相応しい、遠く潮騒が聞こえ、夕日の美しい岬にある墓地なのに……。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

会えなかった祖母と2014年12月12日 公開

お名前 妹尾友香 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 義母
エピソード 娘が生まれる1カ月半前に亡くなった義母のお墓にお参りしました。娘のすくすくと育つ様子を天国から見守ってもらいたいと思います。
いいね
5
写真をクリックすると拡大します

自分の墓を誇らしげに見せる彼2014年12月8日 公開

お名前 はまだかのこ 建墓時期 50年前ほど
場所 霊園名
どなたのお墓か 曾祖父
エピソード 我家には先祖代々のお墓がありましたが、曾祖父は「自分のお墓が欲しい」と、稼いだお金で老後にお墓を建てました。
「家の次はお墓だ」ということだったと思います。


男らしい男という人で頑固なところがありましたが、頼りがいのある一家の大黒柱でした。
自分が守ってきた家族と、亡くなった後もひとつのお墓で一緒に眠りたいという気持ちだったのではないでしょうか。
ちょうどお墓が完成した直後になくなったので、「せわしない引っ越しだったねえ」と親戚で言い合って いたとのことです。

私自身は直接会ったことも話したこともなく、写真でしか見たことのない人ですが、
写真に写る誇らしげな顔からは、きっと自分の気に入った「引っ越し先」を見つけることが出来たのだと思います。
いいね
2
写真をクリックすると拡大します

天国のおじいちゃんおばあちゃん、その後2014年11月30日 公開

お名前 りょう 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 祖父、祖母
エピソード あれからすくすく育ち、もうこんなに大きくなりました!
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

祖父へのご挨拶2014年11月30日 公開

お名前 つぐみ 建墓時期 2007年
場所 霊園名
どなたのお墓か 義理の父
エピソード 主人の父が亡くなったのは娘が生まれる7年前。
主人の孫に、どんなに会いたかったことでしょう。
娘もようやく2歳になり、お墓の前で手を合わせることも
できるようになりました。
いいね
5
写真をクリックすると拡大します

膝の上に座る孫2014年11月29日 公開

お名前 あん 建墓時期 2014年8月
場所 埼玉県 霊園名 東光院
どなたのお墓か
エピソード 私の父(67才)のお墓を14年8月にたてました。父の肝臓ガンが発覚したのと同時に、私の二人目の妊娠がわかり、「新しい命」と「戦う命」を家族で支え合う10ヶ月を過ごしてきました。せめて、新しい命を父が抱くことができれば…一緒に喜び、笑顔を見ることができればと切に願い。
プライドの高い父はすべて自分で決める人でした。葬式も、お墓のことも…そして、亡くなる日までも。その日は念願だった一時退院を終え、体力が急激に落ち、トイレにもいけなくなってしまっていました。そして「今日で終わりにするから」と、そのまま息をひきとりました。
新しい命の誕生を待っていてくれたよね
自分の力でだいてくれたよね
お兄ちゃんの飾った七夕の短冊も歩いて見に行ってくれたよね。
最後まで諦めない戦う命を体をはってみせられました。
大好きなおじいちゃんの膝の上に座るときはお墓でね。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

天国のおじいちゃんおばあちゃん2014年11月29日 公開

お名前 りょう 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 祖父、祖母
エピソード 僕が生まれる遠い昔に亡くなったおじいちゃんとおばあちゃんへ、
元気に生まれたよ!
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

家族でお墓参り2014年11月29日 公開

お名前 Y 建墓時期 2014年秋のお彼岸(撮影)
場所 東京都 霊園名 長應寺
どなたのお墓か 父方のお墓
エピソード 私の生前に祖父母は、亡くなっております。
会ったことがないので、お墓の中の祖父母に思い入れが強いわけではありませんが、お墓参りを機に、私の家族3人と私の両親、姉夫婦、叔母や従兄弟・・・と大勢の親戚に会うことができる機会をご先祖様に頂いていると感じています。
また、お墓参りにいくことで、お墓のなかの祖父母にも子供の成長を見せてあげることができ、お墓参りしてよかったなぁ、と感じます。
お墓参りのときは、心のなかで「この子が健康に大きくなるのを見守ってあげてください」とお祈りしています。
子供が、4歳になり今回のお墓参りでは、花立てを一緒に洗ってくれました。
私も小さい頃に、一度だけですがお墓掃除をしたことを思い出しました。
これも、お墓参りに来たから思い出したことです。
お墓のなかの祖父母によって、私の小さい頃のお墓の掃除のことを思い出し、私の子供にも同様にお墓の掃除をしてもらったことで、祖父母から両親、両親から私、私から私の子供に想いが繋がっているんだと感じました。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

両親へ2014年11月29日 公開

お名前 のり 建墓時期
場所 東京都 霊園名
どなたのお墓か 先祖代々
エピソード 仕事でたまたま自分の家のお墓のあるところに行ったのでお参りに行った。
若干離れた場所にあるため、機会がないとなかなかいけないので、
両親にもメールで送ってあげた。

子どものころ、お盆やお彼岸の時に、父の運転する車で
家族でお墓参りに行った。
お墓参りのたびに、車酔いの激しい私に、
「先に酔っておけば車に酔わないから大丈夫」
と、父がブランデーのにおいをかがせてくれたのをおぼえている。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

初めての墓参り2014年11月24日 公開

お名前 のりちゃん 建墓時期 新しく作り直したのはおよそ20年前
場所 島根県 霊園名 洞正院
どなたのお墓か 先祖代々
エピソード めったに帰ってこない娘と息子が孫を連れて帰ってきました。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

ご先祖様に感謝!2014年11月24日 公開

お名前 梅本 雅之 建墓時期 2010年頃
場所 霊園名 曹源寺
どなたのお墓か 伯父
エピソード 毎年、お盆・お彼岸、などご先祖様に感謝の気持ちを伝える為、
お墓参りは欠かせません。子供たちにもその大切さがしっかり伝わっていると思います。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

弟の嫁ぎ先のお葬式2014年11月20日 公開

お名前 K_sayama20000 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か 弟の義父の墓
エピソード 急きょ、亡くなった、弟の義父の一周忌。婿にいった弟がやっと義父の整理もでき、ほっとしてお祈りができた写真です。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

誕生日2014年11月18日 公開

お名前 はじめ 建墓時期
場所 霊園名
どなたのお墓か
エピソード 先日、30歳の誕生日を迎え、今は亡き父に元気な姿を報告しました。
いいね
3
写真をクリックすると拡大します

お袋に報告2014年11月18日 公開

お名前 酔月 建墓時期 2005年頃
場所 埼玉県蓮田市 霊園名 利休メモリアルパーク
どなたのお墓か
エピソード 母は岡山の施設に入っており、父の墓は埼玉にあります。生前に実家のそばで
準備した墓なのですが、その後岡山の姉の家のそばの施設に二人で入りました。
父が亡くなり、分骨をして、埼玉の墓に入れたのですが、お袋はここには来ることが
できません。
そこで、私がお墓参りをし、この時の写真を母に送りました。だから明るく元気いっ
ぱいの私と一緒にお墓が写っているのです。
いいね
4
写真をクリックすると拡大します

長男と一緒に2014年11月18日 公開

お名前 jim 建墓時期 9/23のお彼岸のとき(撮影)
場所 千葉県 霊園名 千葉平和公園
どなたのお墓か 家内の父親
エピソード お墓には家内の父親が入っておりますが、20数年前に亡くなっており、私も、もちろん長男も面識はありません。
しかし、長男はものごごろが着いた時から、お参りを欠かしたことがありません。
毎年、この時期は一緒にいきます。その姿をこっそりとりました。
いいね
10
写真をクリックすると拡大します

初めてのお墓参り2014年11月17日 公開

お名前 建墓時期
場所 神奈川県 霊園名
どなたのお墓か 祖母
エピソード 祖母が亡くなった数日後に産まれた甥っ子。
おばあちゃんっ子だった姉・私の影響か、あったこともないけどおばあちゃん(彼にとっては曾祖母)好きな甥っ子と一緒に初のお墓参りでした。